再録 ある道のり24~いのちの実相 7 事件1~

二度の自宅内での飛び降りも,何かを試すような感じがしていました。
幸いにも二度とも大した怪我もせずにいたのです。

ただやはりいずれも二ヶ月ほどの入院を余儀なくされました。
薬は増える一方です。
多剤処方で何がなにやらわからず、
まるで薬を食事のように服用しました。
“再録 ある道のり24~いのちの実相 7 事件1~” の続きを読む

IN DEEP メルマガから R4 7/29 「凄まじすぎる四回目接種の破壊力」

少し長いですが 毎週金曜日発行の
IN DEEPメルマガです。

少し長いですが。
内容は自己判断にて。
=================
In Deep メルマガ 第205号
2022年7月29日

みなさま、こんにちは。

岡です。

昨日、奥様が「なんかこう、心温まるニュースとかないのかなあ」と言いました。

 私 「あるよ」
 奥 「どんなの?」
 私 「明日からずっと最高気温35℃だって」
 奥 「……」
 私 「週明けは37℃だって」
 奥 「…………」
 私 「暖まるでしょ。心じゃないけど」
 奥 「………………」

それはともかく、昨日、夜のNHKニュースを久しぶりに見たのですが、
過去最大の感染確認数を日々更新している中で、

「コロナのニュースをあまりやらない」

というのには笑いました。

これは、Yahoo! のトップページなども同じで、
夕方などに各都道府県からの感染確認数が発表された際には、
一応報じられるのですが、その後はあまりふれようとしていません。

かつて、1日50人だ100人だといっていたときには大騒ぎとなっていたのに、
1日に23万人の感染数が出ている今、スルーに近い形になっている。

「もう……なかったことにしてほしい……」

というような空気もあり、報道の健気さに感動しますが、
じゃあ、これが50万人になったら? 100万人になったら? とは考えます。

“IN DEEP メルマガから R4 7/29 「凄まじすぎる四回目接種の破壊力」” の続きを読む

再録 ある道のり23~いのちの実相 6 自分しかいない~

自分しかなくて また自分さえない 感覚でもなく
ただ そのことが私たちの現実感とはまったく
かけ離れた それでいて何にも変えがたいもの。
ただもう 嗚咽しかないもの。

そしてそれであればこの現実の何をもはるかに
超越し、しかも私たちの知るいかなるものとも比較することのできないもの。
“再録 ある道のり23~いのちの実相 6 自分しかいない~” の続きを読む

2773「あの世の記憶」2022.7.30 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2022/07/27732022730.html

今回は「いっぷくからのありがとう」さんの2022年07月26日「あの世の記憶」と2022年07月28日「お蔭様のお守り」の2つの記事を紹介します。

「あの世の記憶」

今日は、「あの世の記憶」ということで、

生まれる前の記憶を、覚えていらっしゃる方のお話をご紹介します。

中間世記憶や体内記憶を持つ子供たちは、
“2773「あの世の記憶」2022.7.30 自分で自分を自分するから” の続きを読む

2772「人の幸せ」2022.7.29 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2022/07/27722022729.html

今回は「いっぷくからのありがとう」さんの2022年07月25日の記事を紹介します。

「人の幸せ」

今日のテーマは「人の幸せ」ということで、

日本理化学工業の会長、大山泰弘三のお話をご紹介します。

毎回そうですが、心を純粋にして、
“2772「人の幸せ」2022.7.29 自分で自分を自分するから” の続きを読む

再録 ある道のり22~いのちの実相 5 実相への光~

時間の不思議や自分の生命のふしぎが目前に迫っていました。

先のセミナーでは父親に対する憎しみと母親への哀れみのふたつを
完膚なきまでに、自分の心から追い出した後に体験がありました。

父親と母親がキン斗雲(きんとんうん)に二人並んでしかも笑顔で
手を振っていました。そしてその雲は二人を乗せたまま
かなたへと消えていきました。
ああよかったと思いました。
“再録 ある道のり22~いのちの実相 5 実相への光~” の続きを読む