ビダせっけんと熊ちゃんの笹の炭の合作

熊ちゃんの笹の炭の浄化能力とケイ素と
テネモスさんのビダせっけんを合作できないか、
この数か月にわたって、さまざまな試行を
繰り返しました。

その結果、ビダせっけんのしっとりタイプと
笹の炭との融合のものが上梓されることに
なりました。

なめらかさが増し、匂いも素的になりました。

プロのかたにも実験中から何度も試していただいて、
とても満足していただけるせっけんとなっています。

みなさまのお役にたちますようにと
願っています。

三品の合作 せっけんについて

ここ二か月間仕事の合間に少しずつ
試していたことがあります。

それはテネモスさんの「ビダウオーターソープ」や
「ビダせっけん」のせっけん類と笹の炭「竹のささやき」と
あとは「ヒナモロコ」との合作品で相互に補い合うことは
できないかとの閃きがあったからです。

それで結果のみご案内します。
どなたでも「モノ」が手元にあればすぐにできます。

1.ウオーターソープと竹のささやきとヒナモロコ
“三品の合作 せっけんについて” の続きを読む

テネモス ビダウオーターソープの様々な実験

上梓後、今もって大変に人気のある「ビダウオーターソープ」ですが、
脂性の方や乾燥肌の方などの体に使用する場合や、
同じように食器洗いなどに使用する場合に
さまざまな感想が出てまいります。

まず体やもちろんシャンプーとして使う場合に
使用感がねっとりしている。
なんだか残っている感じ。
皮脂が取れすぎる感じ。
“テネモス ビダウオーターソープの様々な実験” の続きを読む

アクセスの多い記事から その2番目~ビダシリーズについてのQ&A

Q. ビダクリームにエッセンシャルオイルを混ぜても大丈夫でしょうか。

これは大丈夫です。どちらもナチュラルですし、ビダクリームの姉妹品であるビダ石鹸にも、ローズマリーとかラベンダーを芳香剤として使っています。

Q. ビダクリームがクール便にて届きました。ビダクリームを、いつもお医者様からのお話もあり、常温保存にてご利用しています。「溶けてゆるくなることが気になる方は冷蔵庫で保存を」との商品説明の記載がありますが、一度冷蔵されたものを常温保存にすることで発酵に影響が出るのではないか、品質が落ちてしまうのではないか不安です。

ビダクリームの冷蔵による品質に関してですが、冷蔵保存による品質低下はございませんのでご安心ください。冷蔵庫への出し入れに関しても同様でございます。70℃以上に加熱すると発酵菌が死滅してしまい、機能を失ってしまいますのでお気をつけください。気温が高くなりますと、ビダクリームの発酵が促進し、輸送中にクリームが溶けて外にもれでてしまう可能性があるため、最善の輸送手段としてクール便とさせていただいた次第です。

三重 女性 ~ヴィダウオーターソープ~

このたびは、ビダウォーターソープを購入させていただくことが出来て、
とてもうれしいです。ほんとうにありがとうございます。

先だって、他店様にて、
初めて、ビダウォーターソープに出会い、購入させていただきました。

ビダウォーターソープを購入させていただきましたきっかけは、
汚れだけを吸着してきれいにしてくれるということに、興味をもったからです。

私事ですが、私は、ずっと頭皮のニオイに悩んでいました。
私なりにですが、この悩みを解決するために、色々なシャンプーや洗い方を試してきました。
しかし、完全にニオイが取れず、ずっと悩んでいました。

そして、初めてこのビダウォーターソープを使用させていただきましたところ、
ほんとうに、汚れを落としてくれました。
あんなにゴシゴシ、一生懸命洗ってきたのに、なにか、いままでのシャンプーとは
違っていて、汚れを自然に出してくれているような感じでした。

自分では、洗いきれないところまでを洗ってきれいにしてくれました。

とても感動し、ほんとうにありがたかったです。
ほんとうにありがとうございました。

このビダウォーターソープをぜひ、いつもの洗髪に使わせていただきたく、
ネットで、大容量を探していました。

そして、伊路波いちば様のお店に巡り会うことができました。
ほんとうにありがとうございます。

酵素水とビダクリームをまぜて使う

日曜日にテネモスネットからマデュカさんがいらっしゃいました。マデュカさんは、いまやテネモス創業期からの大ベテランさんです。(^o^)/

そのときにお話したことです。

  • 手の平にとったビダクリームに、酵素水スプレーでしゅっしゅしたらよく伸びて使いやすいです。
  • お米と大豆の酵素水の評判がよい。細かさはアグア酵素水が勝ると思う。合う合わないは、きめが合うか合わないかではないか。やすりやパズルのように。
  • バンブーをユーザーがカスタマイズして使えるようにしてみたい。ユーザー自身がポンプを変えたり、出力の仕方を変えたりして、自由自在にカスタマイズできる製品にしてみたい。ユーザーの意思に従って工夫できる機械にしてみたい。

以上です。