再録 奇跡の道 その91~そもそも永遠とは時間が存在・・

「そもそも永遠とは時間が存在していないと言う意味」

毎瞬毎瞬この世界はあると目の前の人やものが
確信させようと、自我の眼を向けさせますね。
だから過去のことがあったかに思えて
その想念を現在にあてはめたり、来るかどうか
わからない未来という先にまた想念を
あてがいますね。
“再録 奇跡の道 その91~そもそも永遠とは時間が存在・・” の続きを読む

再録 奇跡の道 その66~奇跡とは偽りの神々を・・・

「奇跡とは偽りの神々をすべて手放した神の子が
兄弟たちにも同じことをするように呼びかける行為」

兄弟がいなければ奇跡には至らないと
聞いています。
そして奇跡とは癒しであり救済であるとも。

だいたい神々なんてことはなくて、ただ一つの神の
子である自己が出会った兄弟たちを通じて行う行為が
奇跡(赦し)です。
その行為を通じて、兄弟たちにも同じように
赦しをおこなって、と呼びかけることが奇跡でもあります。
“再録 奇跡の道 その66~奇跡とは偽りの神々を・・・” の続きを読む

再録 Iさん懐古 その1~相手の意識圧を上げることこそ仕事

この9月から言葉を残して意識の延長を!
という内側からの言葉に突き動かされて
毎日毎日湧き上がるままに書き留めさせていただく
作業が続いています。

全部が自分で、自分は実は宇宙だとしたら、
どこからの言葉も意識もそれは
宇宙から、全体からとなります。
“再録 Iさん懐古 その1~相手の意識圧を上げることこそ仕事” の続きを読む

再録 Iさん懐古 その2~子供は女性が産まない

先日そのことをある女性に告げましたら「?」で
ポカンとしてました。

そうです子供を宿し、大変な思いでこの世に
生み出したのは「私!!」と叫ばれそうですね。

でももしそうだとしたらこの「宇宙」は永続しないのでしょう。
“再録 Iさん懐古 その2~子供は女性が産まない” の続きを読む

再録 Iさん懐古 その4~生まれつき全員が病気

生まれたとたんに病気だなんて。

病気だから生まれたとも言えますね。
病んだ「意識」を正気に戻すことが、人生かも知れません。

ところが2歳くらいまでは結構無垢で
「無垢なるものが理解していることは真理である」
“再録 Iさん懐古 その4~生まれつき全員が病気” の続きを読む

再録 Iさん懐古 その5~イエスは死のないことを知っていた

今年2月一週間の入院を体験しました。

まだコロナが本格化する前です。
丁度2月の末です。
退院後にお医者様に指定された健診の
外来の日のお約束を「コロナ」を理由に
解消しました。(笑)

「コロナ」は味方になってくれました。
“再録 Iさん懐古 その5~イエスは死のないことを知っていた” の続きを読む