事務所の水槽の状態変遷 R3 2/22

昨年の暮れ、8年ほど前にマンションの水槽にマナウオーター
システムを導入されたお方から連絡がありました。

「そろそろマナウオーターの内容物の
交換していただけないでしょうか。?」

そのお返事です。

「ポンプは寿命がありますが、マナウオーターの
筒の中は 山のようなものです。
湧き水の山は交換できなくても、湧き水は
きれいですよね。
それでポンプの交換時に逆洗浄しますので。」

それでお客様は納得されました。

それから事務所につけたマナウオーターシステムの
金魚の水槽について、いろいろな状況の変化から
すこし書かせていただきます。

左の水中のポンプから右側のポリバケツの底に
水を送り二つに分岐した水流をぶつけています。
その水がポリバケツに入っている石にぶつかりながら
上へ上へと湧き水のように上がり、ふたたび水槽に
戻る循環がマナウオーターシステムです。

2012年 8月7日に最初に水を入れてから
8年半になりますが、水替えは一度もなく
蒸散分を足していくだけです。

魚の数が多かったり、餌をやり過ぎたり、
また水草が繁殖したりして何度も水の
循環が少なくなりました。

それで当初28Lの毎分の水量ポンプを
8年後の昨年5月に38Lに増大しました。

それでまた水量が戻ってきました。
ただ水の匂いや、水量の変化はあって
やはり水量が落ちてきていました。

そこでもしかしてと、ポリバケツの底部に
行っている塩ビのまっすぐに立った管を
上下に揺さぶってっみました。
結果はたくさんの有機物が一時的に水槽に
混入しましたが、すぐに水が澄んできて、
匂いもなくなりました。

二尾の金魚も活き活きしています。

金魚は水そのものとの確信です。

通常の水道や水槽のマナウオーターシステムには
有機物が混入することはないので、このように
管が詰まることはありません。

気になる方はポンプによりますが、5~8年後
にはポンプの寿命ですので、ポンプの交換時に
パイプを一時的に入り側と出口側を逆につけて、
水を数分流した後、正常なつけ方に戻せば洗浄できます。

やはり圧の差が大きいほど、見えないエネルギーの
吸引力は大きいと目で見えました。

マナウオーター小の直列実験

お客様からご提案があって
マナウオーター小を縦二台
直列にしました。

結果は水の圧力が上がって
お水もとても冷たく細かく
そしておいしく感じました。

ご興味のある方はやってみてください。

フレキと道具はレンチがあればOKです。

VH100とマナウオーターの感想 Hさんから

ところで、マナウォーターもすごいですが、酵素もすごいですね。

伊路波いちばさんのアグアVH100の
販売ページに、
『美容室でカラーリング液に混ぜてもらったらよかった』
というレビューがあったので、
先日、美容室にを持参してカラーリング液に混ぜてもらいました。
(「酵素を持参するお客様は初めてだ」と言われました。笑)

すると、またミラクルな出来事が起こりました。
カラーの反応時間が早くなるなどといった変化はなかったのですが、
髪を乾かしたときに、今までにないぐらいサラサラで、しかも軽いのです。
美容師さんも驚いていました。

浴槽のお湯はりにマナウォーターを使用しているのですが、
身体を沈めたときに驚きました。
マナウォーターのお湯も”軽い”のです。

今までに触れたことがないお湯なので、
なんと表現したらよいのか分かりませんが、
軟らかいを通り越している感じです。
マナウォーターに出会う前は、浴室では軟水器と
浄水器を通したお湯を使っていたのですが、
それでも感じられなかった感触です。

現在、浴室の軟水器を外して
マナウォーターのみにしています。
石けん洗髪をすると、洗髪中はギシギシするのですが、
乾かすと髪がサラサラふわふわになります。

通常は、硬度ゼロの軟水以外で石けん洗髪を
すると髪を乾かしてもベタベタするので、
石けんカスは一体どこに行ってしまったのだろうか?と、
とても不思議です。

いり塩でも大丈夫

焼き塩水について、以前から炒り塩でもいいと
お聞きしていました。

エタノールを購入したり、それを塩につけて燃やしたりする
手間が省けるので、実際にどうか実験です。

ちゃんと入り塩の水溶液はペーハー8.9の強アルカリと
なりました。焼き塩水と同じです。

焼き塩水はほぼ無料でできる、エネルギー吸引の方法です。
もっと多用してもいいかもと感じさせます。

ちょっと飲み過ぎで胃が泣いているとき、
焼き塩水を飲みますと、ほぼ瞬間でとても楽になります。

ボールの水に焼き塩またはいり塩を少し入れて、野菜をつけて
15分~30分ほどで野菜がイキイキします。

いり塩の場合でも、ためておくことでペーハー値がさがります。
およそ3時間でかなり下がるので、
また使うときは再度炒る必要があります。

黎明の時

写真はテネモスの横型風力発電機です。6枚羽根で一枚の羽根の幅の2/3のところで148度の角度で折り曲げてあります。正面から風を受けますと、羽根の2/3の広い部分と1/3の狭い部分の振動が異なって、その振動差を埋めるかのように広い方から狭い方へと羽は回転します。ほんのそよ風でも回転します。

気(エネルギー)が行いを促し、現実が変化してまいります。
変化した現実が新しい気(エネルギー)を生み出し、
動き続ける限りは気(エネルギー)を放出することが
止まることはありません。
エネルギーはもらうものではなくて出すもの。
自らの出した気(エネルギー)のとおりの現実世界が
目前に広がります。

言葉がなければ何も認識できず、
時間がなければ変化がわからず、
空間がなければ我と彼、あれとこれの区別ができず、
そして気(エネルギー)がなければ何も生まれてこない。
この世の仕組みは大元である中道のエネルギーが
根源であるようです。
そのことの証明はこの自然界のあらゆる現象が
見せています。

自然界がなければ大元がわからず、大元を知らねば
不自然に生かされていると言えます。
天も地も人もその三元の大元もすべてが共にあるという
認識が多くの人々の認識になるときが近づいていると感じられます。黎明の時でしょうか。

酵素という微生物

平成28年7月20日に開始した名古屋酵素の実験タンクはほぼ二年を経過しています。(販売用ではありません)世に3000といわれる種類の酵素のおよそ10分の一の酵素微生物は電圧振動と微細空気振動(バンブーシステム)を受けてスリランカの薬草グループ(ジーワ)も加わって熟成してきました。仕上げに動物の鹿肉酵素を加えました。そして一日が経った状態です。

前日までは泡は皆無だったのですが、未発酵状態を示す泡が表面に出ていました。さすがに動物は動くのでプラス、植物は動かないのでマイナスです。そしてさらにその翌日の状態です。

未発酵のサインの泡は一日で激減し、さらにその翌日にはほとんど泡は消えました。少し濃いので、マナウオーターを加えてさらに熟成促進し、さまざまな用途に使用実験をする予定です。プラスとマイナスで中庸の世界です。

神社の池の二年後 180730

ほとんど中学校のプールと同時に始まった神社の池の活水作業の二年後の状態です。さまざまな実験をした結果、現在のジェットポンプに微細空気振動圧を加えた三台のポンプを設置することで安定しました。平成30年7月30日の夕方現在、池の匂いは感じられません。池の鯉の背びれが、泥で濁った水でも活きていることを感じさせます。泥を除去できればいいのですが、費用が1千万以上かかるようで、秋に落ち葉がはんぱなく池に降り注ぎ、泥と化して行く状態を溢れる雨が時折浄化してくれるのが救いです。