テネモスミーティング名古屋 5月4日 その2

Gさん:百姓で多忙。天皇とか年号とかが変わったりした。テレビで見ていると訳もわからず喜んでいる。自然界の理にのっとって今がある。ご利益、祈り、願望がほとんどの中にあって深く考えると地道にやっていくことが大切に思う。まじめに米を作りたい。

Aさん:かが美クリーンが出てすぐにお風呂の水垢を取ったがしつこい汚れ。お風呂に入るたびに試したい。

Tさん:「でんでん虫の話」メロウクラブで知った。美智子さんの講話ビデオ。20年前の国際児童の講話。インドで招待を受けた。20年前の話だが現状を映している。ユーチューブで6つの話に分かれている。お奨めします。

Aさん:水の話を聞いて昔社会工学で出た水の浄化の問題のことを思い出した。どういう方法がいいか。解答は「下の水を上に持っていくこと」だった。陰と陽の流れ、右回りと左回りの流れで動いている。人生と同じ。与えると返ってくる。もらうと出て行く。ゴールデンウイークにゴミだしをした。3時間の渋滞。粗大ゴミを大きな穴に入れた。ブラックホールみたいだなと思った。転写と転生ですべてが動いている。エキスは転写で動いていく。強い力、弱い力で動いている。テネモス式で動いている。

Oさん:自然界は法則で動いている。その目で見ると見えてくる。多くの野菜は毒を掛けて育てている。生命力がない。自然は偉大。水に関係していて、エネルギーがある状態は秩序化されている。秩序が乱れてきても、エネルギーが入ると元に戻ってくる。エネルギー不足がさまざまを引き起こす。見えない意識が大切。見えるものと見えないものとが一体。見えないものを見ていかないと結果を変えても同じことがおきてくる。原因を変えないと結果が変わらない。病気の人は言葉に病気の原因が出ている。言葉を変えることで治ってくる。「ありがとう」で変わってくる。江本勝さんの水の結晶がすべてを表している。題材にして説明すると,気がある人はわかってくれる。状態が変化する。川の護岸。うねることで浄化する。今はまっすぐしか流れない。水が死んでいる。下流に行くほど臭いがしてくる。石積みなどで昔は魚がいっぱいいた。今はいない。川が死んでいる。

釘本さん:いろんな所に行って感激してばかり。変化を感じることが大切に思う。同じことでも感激。何もないからできるのかなと思う。ちょっとしたことでも、この人こういう考え方なのかと感じるようになった。最近3月から統合失調症の人が通う施設に行く機会があった。「意識の会」。何人かみえたが、まともだと思ったらその人が患者さんだった。施設長が一番まともじゃない。この人たちと一緒にいたら戦争はないと思った。「平和」!というが「平和」はない。統合失調症の人は感受性が豊か。他の人のことをよくわかり慰める。

山内さんという元読谷村の町長さんのことを、沖縄の風呂屋さんで知った。1977年発行の記事の中に村長さんのことがのっていた。当時読谷村の80%が基地だった。村長さんのその時にしたいこと、ビジョンが書いてあった。現状がそのとおりになっている。人間国宝になった人をよんだりした。

一週間後に山内さんに会いに行った。事前に著書をすべて読んで相手のことを理解した。質問事項をまとめた。もともと高校の先生で皆にかつがれて村長になった。民主主義の手本。どうやったら本当の教育ができるのか。

静岡に行ってわかったことがある。静岡には戦闘機が飛んでいない。そのことが一番幸せなことときづいた。

何が心平安か。統合失調の方たち。
何も飛ばない空がなにより大切な環境。

一番のルーツが一人ひとりにある。ルーツに結局は帰って来ると思う。

大林信彦さんの「最後の授業」に立川談志さんのお見舞い時のエピソードがある。立川談志さんとは戦争体験で共通している。立川談志は癌で死ぬのは悔しいと語った。古典落語が好き。沖縄担当相になった時に飲み会をしてやめさせられた。敗戦国の政治家は何もできない。沖縄のときがもっとも生きている実感がしたと言った。テネモスの集いも生きている実感が湧いてくる。実感が湧いてくると表現者になってくる。表現者になると神様が味方する。(Aさん:「心の針が振れたときに周りが変わる」)

一回体験するとよく方法がわかる。瞑想が大切。日に4時間している。小さいときから空気がザワザワしている。今はザワザワ感が強くなっている。戦争の空気を感じる。いかに変えていくかを考えている。

会ったり、行ったりが大切だと思う。大宰府に行った。大宰府で1日には御朱印が一万円になっている。歴史はうそばかりと感じた。菅原道真がおどろおどろしいというのはウソだと思う。ひいおじいちゃんが大宰府に縁がある。肌で感じた、道真のことはウソばかりだと感じた。まとまりがあって素晴らしい場所だと思う。行って皮膚感覚を鍛える。

目を良くするアプリの「視力回復地獄」で目が良くなりました。これは良いと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回以降の日程。

7月27日、9月21日、11月16日 午前10時から 山善ビル2階
名古屋市中村区名駅南一丁目10番9号

参加費用無料
参加資格はありません。どなたでも参加可能です。

お申し込みは masataka89@iroha.ws 山田まで

テネモスミーティング名古屋 5月4日 その1

最初に「かが美クリーン」という浴室などの鏡の水垢や曇りなどをきれいにする、出たての商品を使用した感想をAさんにお聞きしました。
なおこれは山梨の河野さんが考案したものです。

Aさん:お風呂の鏡に使いました。薄くなりました。

河野さん:固まった汚れは一度サンダーなどで擦ったあとやります。いろいろやりすぎたらダメ。何度も塗ること。下のカランもやるときれいになる。洗面台もOK。水垢全般にOk.タイルもいい。

より安全に作ってある。プロ用もアマチュア用も同じだが、より安全に作ってある。(アグアを加えてある)SSは濃い。水で薄めるとSになる。毎日やると次第にきれいになる。

Yさん:「お米と大豆の酵素水」五倍くらいにしても濃い感じ。10倍にして振って使っている。日本人はごはんと大豆で育っている。作り方をテネモスネットのホームページで公開している。スプレーボトル(遮光)だけも販売しだした。作り方を伝えるのがテネモスの仕事。

「お米と大豆の酵素水」の作り方

ビダリキッドホースが具合がいい。馬油なのにサラサラで浸透性がある。ダントツのナンバー1.ビダドロップはややねばりがある。

釘本さん:化粧品として使う素材を見つけてきた。馬油を精製したものでそれを処理して作った。同じものでもサイクルを変えたら変わってくる。

Kさん:ベタベタはマクロ、サラサラはミクロ。

Yさん:今日みなさんに贈呈した「マジスター」という漫画ですが、10数年前にあった友人。当時芸大生でひとりだけ雰囲気が少し違うと思った。小学校で不登校。漫画家が志望。アラレちゃんの鳥山明さんに会いに行ったら会って、漫画を見てくれた。彼の弟子。自分で努力して5年前に1冊出した。引きこもり時代の9人の先生の話。二冊目の「マジスター」は教育の話。言う人はダメ。寄り添うこと。

五年前の本がよかったという評価。五年後また本。新聞を開けたらこの人の二冊目の本のことがわかって読んで感動したのでみなさんに差し上げたいと思いました。見た瞬間にそういう人はわかる。エネルギーに溢れている。自分で獲得した世界観のことを書いてるので共感した。

河野さん:前回熱田神宮の池の浄化を見学させていただいた。そのときなんとなく近々そういう話がくることを予感した。そうしたら市(甲斐市)の大きな池の
浄化の話が来た。地下水の池で夏の匂いや蚊で困っている。魚もいる。地下水の量が不足している。下流から70メートル上流へパイプとポンプで水を戻した。200リットル/毎分。

マナシステムや松原方式を採用させていただいた。一日目で藻類が消えて蓮の花も咲いた。

釘本さん:どのように見たか。方法を見て判断する。入り口と出口があるのでOk。蓮の根は水をきれいにする。蓮は浄化する力が強い。

Kさん:二月はじめフラワーエッセンスの店の設計を手がけ、この三ヶ月かかりきり。フエラワーエッセンスは花のエネルギーを転写した水。ボールに水を張って朝取れた花をうかべる。花に水をたらせばそれが転写水。エドワードワニスさんが提唱。頭痛の人が繰り返し訪ねてくる。AさんBさんの頭痛のきっかけ。イライラやクヨクヨ。イライラやクヨクヨにいたるきっかけを消す。華にさまざまな効果がある。体の波動が変わって頭痛が治る。販売するのはビンのみ。

岐阜駅にあるお店「花のしずく」といいます。
エネルギーを感じる場にしなくてはと感じた。
店主は和楽神楽、一人で四人の娘さんの母。
花の言葉が聞こえる。
日本の華でフラワーエッセンスを作る。
ブランデーは山梨の「白百合醸造」。
日本のフラワーエッセンスを世界に出して行きたい。

神社を作るということが浮かんだ。5月1日オープンした。「花のしずく」。JR岐阜駅のアクティブGにあります。(高架下)工房だけだったのが店舗に次第に変化してきている。

吸引力、意識圧の力があることを設計の過程でわかってきた。職人さんも設計者も施主も一体となって完成できた。いやなことが一つもなかった。いろいろ試して変化してきたと感じている。

桧を使った。スサノウは木の神様とも言われている。スサノウさんが世のために木を自分の体から作った。桧は神のために。杉や楠木は民のため。マキは棺に使う。伊勢の桧は全国の神社に送られている。伊勢にある修養団で日本のことを再認識した。

釘本さん:桧を切るタイミングは新月の日に水が木の下にあるときに切ると腐らない。

テネモスミーティング名古屋 3/16 ご報告 その4

Hさん:今日で二度目の参加です。釘本さんとは「ゆめのたね」の同期です。ここに来ている人はなぜかわからなくても来ている。知花さんも、飯島さんも知らなかった。マナウオーターですが、20年前に川の魚と海の魚が一緒に棲める水があることを知った。年齢を重ねだんだんわかるようになってきた。その不思議なことを言葉で説明できるようになって腑に落ちてくる。

ガイアの昔から知っていることを思い出す会がテネモスミーティングのような気がする。水の無限の可能性。圧をかけるということは微生物のスイッチ。圧の掛け方も丸や四角があって、微生物も丸か四角がすきそうなものがありそう。意識の圧は凄い世界。遠隔意識はインターネットと同じ。ポチっと押せば地球の裏にでも伝わっていく。それぞれがそれぞれの人の感じるボタンを押し合っている。

Aさん:太極拳は武術。趙さんが山の中でイメージ。自然の鳥や木々の移り変わりを自分の中に取り込んで宇宙と一体化する。中庸の状態の時に宇宙エネルギーが吸引される。エネルギーが満たされたときに健全となる。

この自然と離れた時代。太極拳によって宇宙エネルギーを取り込む。四柱推命、東洋医学の基。周波数が決まっていて、人はなるべく自分を客観して見ることで消耗を防ぐ。惑星の影響を如何に受けるか。自分のために今やっているが、周波数を上げて自分たちが薬になればいい。香港で7年、そこで身につけた四柱推命。

Iさん:プラスティックの経営を主人がしている。環境問題、マイクロプラスティックの問題解決に、再使用をお願いする取り組みをしている。溶かして細かくして企業に納品している。再生の方がコストが大だが長い目で見ると将来の子供たちには良いと考えている。

釘本さん:思ったことをすぐ行動するタイプが自分。Iさんの工場を見学したら発想の転換があった。プラスティックに関する考え方を悪いものから宝物と思えた。プラスティックを悪いものと考えることがダメと感じる。プラスティックのつかい方でさまざまな使いかたがある。

認めたものしか現れない。飯島さんが「全部逆なんだよ。」って言っていたが、最近凄くわかるようになってきた。フェイスブックで映画についての感想で見方の違いがあることを認識した。

酢を作っている。
酒米(五百万石)を使用。最初にいただいた分の、1.5倍の量が欲しかったが不思議とその量になった。思ったとおりになるってことは真理です。

酢を作る過程でどぶろくが出来る。今まで飲んだお酒の中で一番と思う。徹底すれば自分の思ったとおりのものができる。

裁縫、一ヶ月に1~2回。いい先生がいたので始めようと思った。昨日出来上がった。好きだと思った。好きかどうかがとても大切。まず選ぶことからする。生地から選ぶ。まず選択することが大切。自分で考えて決める。考えるということは0の位置。そこから1が選択によって生まれる。

どんな人と付き合うか。微生物培養と同じ。先生を選ぶことがまず大切。ポイントを教えてくれる先生はいいと思う。とても早くできた。

余計なことはしない。意識を出したら答える(飯島さん)

 

以上でした。

テネモスミーティング名古屋 3/16 ご報告 その3

Sさん:最近テレビでも悲しい事件が多いです。知花さんの終末予告があって、私たちの今考えるべきことと思います

1.宇宙にたった一つの神の仕組みが存在する。(飯島さん)
2.意識圧は測る事はできないが長野県に住んでいて、自然災害からは逃れられ、恵まれている。このようにみんなが意識を高めているから恵まれているのかも知れない。

一月にテネモスミーティング参加した日の夜中に出血。小腸出血だった。点滴一週間やってもらった。癌患者さんとの相部屋に入った。すい臓がん、胃がんの末期の人に囲まれていた。遠隔ヒーリング(室内で)によってまわりのその人たちが変化した。自分の病の意識がどうかを考えた。感謝の意識でヒーリングした。試練の一週間となった。一つの意識がすべて。自分しかいない。他は無関係。自分が意識を高めるしかない。

B-ONEという水を紹介します。愛媛の美容師さん。パーマは毒だから。

「呼吸力」という本も紹介します。呼吸がすべて。私たちは微生物であり振動。吐くことが大切。吐けば自然に吸う。吐くを長く、吸うのは短く。交感神経、副交感神経へと繋がってくる。

手首足首を逆に曲げることをすると、血流が良好に成る。静脈で血を上へ上げてくる。血流がよくなって酸素酵素を運ぶので筋肉も柔らかくなる。ヒザに水がたまって、抜いたらまた溜まった。足首手首を伸ばしたらヒザが楽になり水がたまらなくなった。運動しすぎはだめ。いつもチョコチョコ動かすのがいい。女性は一日中動いて運動量が家事で多いので長生き元気。1

細胞内の汚れが痴呆症になる原因かも。不安で幻覚を見る。90万人の人々に病気が出ている。来年、食品の規制が厳しくなってくる。無害でやりたい。テネモス式でやってみることがとても大切になってくる。

実践したら変化した。やり方がよかったら結果が出る。よかったら続け悪かったらやめる。

 

つづく

テネモスミーティング名古屋 3/16 ご報告 その2

Oさん:基本的な考え方を知りたい。

釘本さん:発酵はすべてです。 圧をかける。 漬物がわかりやすい例。圧をかけるとその差を整える働きがある。発酵です。あと部品を集めて圧を掛けて発酵させる。この空間も発酵空間になっている。置いてあるボリビアの塩も圧の差をつくっている。いろんなもので圧の差をつけて効果が出る。

Kさん:ふぐの肝が食べられる。塩酸も薬品も毒の作用が消え効能だけが残る。過酸化水素水にアグアなどを加味してキメを細かくすると石積みの水垢が落ちる。よく落ちる洗剤は圧を高くしている。

釘本さん:毒は中性でないものと考える。自然は中和している。いかに中和させるかを考えてやっていく。みんな圧を考えてやっているが持続性がない。

Yさん:ビダウオーターソープのコンセプトは何。?

釘本さん:汚れを出しづらいもの。分解力の速いもの。中和力の強い洗剤を出したかった。パパイアは分解力が強い。

Aさん:豊橋に住んでいます。Oさんの紹介で来ました。息子がアトピーでまこもビダクリームを試したら具合がいいです。粘膜の吸収が大切なので、よいと感じました。今中国の留学先にいるので送って欲しいと要望があります。太極拳の先生と四柱推命をしています。Oさんのボソボソが気になって来てみました。

Nさん:岐阜から来ました。マドマアゼル愛さんの音叉などを体験していてテネモスのことを知りました。飯島さんがなくなった後、伊路波の名古屋のお店があることを知りました。アグアやソープを使っています。人を元気にするセラピスト資格をとって、今から仕事をしていきたいと思っています。模索中、実験中です。たった一つの真理。沖縄に移住して勉強したい。

Oさん:なんでこんなハメに。(笑)Nさんに1年以上会ってなくて、おととい会った。それで何もわからずここに誘われた。看護士。岡山から名古屋。ストレスでクラッシュ。生死の世界にいると逆に不思議を体験する。薬の副作用のこともわかったり、代替医療もOKと思う。さまざまな療法があり、意識の持ち方で変化するのを見てきている。農業に関心がある。無農薬でやりたい。社会貢献したいと思っている。

テネモスミーティング名古屋 日程 5月~11月

テネモスミーティング 名古屋の日程をご案内申し上げます。

1.5月4日(土)祭日 午前10時~12時

場所 伊路波いちば 山善ビル2階
名古屋市中村区名駅南一丁目10番9号
参加費 無料

終了後希望者にて 伊良湖のまるえいさんにて合宿します。

テネモスミーティング終了後 車に分乗して出発します。
昼食は高速道路内パーキングにて。

午後4時ごろまるえいさん到着

午後5時30分 夕食

翌5日 午前6時から希望者にて読書会。
参加希望者は 「修身教授録」 森信三先生著 致知出版社をご持参ください。

午前10時ごろ解散  朝食は今のところ不明

参加費用 10000円  宿泊費、夕食、朝食代金です。

参加申し込みは 山田まで。

※まるえいさん参加の方は、分乗希望の有無をお知らせください。また現地へ直行し参加されても結構です。

☆まるえいさん参加の方は4月15日までにお申し込みください。

2.7月27日(土) 午前10時~12時

場所 伊路波いちば

参加費 無料

3.9月21日(土) 午前10時~12時

場所 伊路波いちば

参加費 無料

4.11月16日(土) 午前10時~12時

場所など詳細は同上です。

お申し込みは 山田までお願いいたします。

テネモスミーティング名古屋 平成31年3月16日のご報告 その1

いつものとおり資料をたくさんご用意してくださる飯田のSさんからいただいたパンフをまず掲載させていただきます。

今回は山梨から「創美社」のKさんが参加されましたので、まず皮切りにお話と「グリストラップ」や温泉のガラス部分や民家の石垣の清掃などについて映像を見せていただきました。

Kさん:山梨生まれ育ち。昭和31年生まれ。郷ひろみと一緒。20代パラオにいた。家や土地を黙って売って、パラオで農業に投資。利権に乗っかった長野の知り合いほとんどの人が失敗。長野に戻って隠れていた。

27歳から44歳までミラーボールのキャバクラ経営。絶頂だったが、バブル崩壊で倒産。自宅のみは残った。その後いろんなことをやったがなぜか清掃業界に入っていた。最初はグリストラップの清掃からやったが、その会社が倒産。生体エネルギーにも関わったが、紹介で飯島さんと会った。発酵とかを教わった。

とにかく「やってみろ」といわれていろんなことを試した。掃除のために洗剤も作った。テネモス的な考えで、塩酸、苛性ソーダをアグアやバンブーを使って作成した。効果のみを残し目に入ってもなんともない。油汚れが取れる。毒をなくし効果のみを残した。次亜塩素酸の匂いも消した。

昨日中学校のプールと熱田神宮の池の浄化を見学した。そのためか何かそのような浄化の仕事が舞い込む気がする。今は大学から液肥の研究以来が来ている。

子供は男の子二人と女の子一人いる。クリーニングだけなら子供に継ぐつもりは無かったが、考え方を繋いで行きたくなった。何人かグリストラップを同じようにやったができない。やっぱり意識が関係する。

次男が最初やるといったが、会社に引き止められた。そうしたら消防士の長男がこの4月からやりたいと言ってきた。すこしして次男もまたやりたいと言ってきた。今次男は同業者に修行に出している。この二人が目に見えないちからを理解している。グリストラップが変化することで見えない力を理解することに驚いている。また父親の話を子が聞くことも驚きです。

お話のあとテレビに清掃の画面を映しました.

清掃前のグリストラップ

テネモス仕様の清掃機器導入後 薬品も何も入れず、圧の差だけでこんなに。

温泉で汚れたガラス。普通は研磨剤しか取れない曇りがテネモス仕様の洗剤で塗るだけで取れる。

塗布後三分くらい 左側が汚れた状態(普通は研磨でしかとれない)

テネモスミーティング名古屋1月19日 ご報告 その4

Iさん(男性):アグアの空瓶で空気活性機を作った。ガスファンヒーターのガス臭さがない。不思議に思った。
物ができると,物に頼る。Sさんがいろいろ中身を替えたりした。
動かすことが出来る。渋柿にバンブーで渋が取れたが、ある時期から取れなくなる。クッキングバンブーを物として見たから聞かなくなったのか。?
意識を変えたらどうかと今日気づいた。物を買ったら安心してしまった。
どうしたかったのかの元に戻って、それを使ってどう変化させていけるかを考えることが大切。道具はそろっているので、それらをどのように組み合わせるかと考えていくことが大切に思う。
テネモスミーティングで意識が動いている。

釘本さん:メカニズムを知ることが大切。メカニズムの追求が大切。
何故なのか、どうなるのか。想像することが発展、進化に重要。
バンブー。何故空気なのか。空気の振動によって粒がそろってくる。
バンブーすると1℃下げても暖かくなる。熱の伝導率が上がる。
粒がそろうので。 粗いと細かいの差。

“テネモスミーティング名古屋1月19日 ご報告 その4” の続きを読む

テネモスミーティング名古屋1月19日 ご報告 その3

釘本さん:見方が異なると普通は喧嘩になる。見方が異なることを
認めるようにしていきたい。

Iさん(女性):フィルターが違うと他と喧嘩。フィルターを合わせるように強制するとまた喧嘩。他の考え方を認めると関係がよくなるはず。

釘本さん:プライベートと会社を分ける風潮だったが、最近は
戻ってきた。そういう会社の方がうまくいっている。

就業規則をうまく使って会社をまとめていかないかという提案本が出ている。保証人の家へ行って面談する。社員さんのことがよくわかり、そのルーツを知ると原点に戻ることになる。叱り方もわかる。

Iさん:本から抜き出して相手に読んでもらったら、どう思うのかを聞いてみること。

釘本さん:どう思うのかを聞くことは、原点に戻ること。
事故が起きて追突された時「どうしたの?」と聞かれたら
喧嘩にもならなかった。

Aさん(女性):自作のペットボトルのエアドリームを二箇所に置いた。「空気が変わった」匂いが取れる。かびくささもとれる。寝室にも居間にもトイレにもする予定。あまり感じるほうでないが、行動しているとどんどん希望がかなってきている。

釘本さん:「わからない」でもそれも大丈夫と思えればすぐにでも変われる。

Yさん(男性):「しまとおがらし」の未発酵分をみんな合わせて2リットルのペットボトルで再発酵を促進している。40日間で発酵が進んでくさい匂いが消えてきた。

“テネモスミーティング名古屋1月19日 ご報告 その3” の続きを読む