2403「オリンピック」2021.7.24  自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2021/07/24032021724.html

7月23日東京オリンピックは開幕し開会式が執り行われました。コロナ感染の緊急事態宣言下で異例中の異例の開催で物議を交わし、平和の祭典は謳い文句で、商業主義オリンピックの在り様が問われています。このような形での最後の開催とも言われています。何か隠された仕組みがありそうです。
“2403「オリンピック」2021.7.24  自分で自分を自分するから” の続きを読む

「ヒラリー裁判とトランプ暗殺計画」 奥の院通信 R3 7/24

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-639.html

2021年4月14日(水)、グアンタナモでのヒラリーの裁判法廷は、検事役のジョン・G・ハニンク海軍中将が、ヒラリーと彼女の選挙対策責任者だったジョン・ボデスタンとの間の一連の電子メールのやり取りを、3人の将校の裁判官に呈示するところから始まった。
“「ヒラリー裁判とトランプ暗殺計画」 奥の院通信 R3 7/24” の続きを読む

「続くヒラリー裁判」奥之院通信 R3 7/23

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-638.html

2012年9月以後、リビアやエジプトで次々と起きた「アメリカ在外公館襲撃事件」は、昨日書いたハイチの子供の人身売買に続いての、ヒラリー被告の犯罪事件であった。

 今年4月12日午後、ヒラリー・クリントンの軍事裁判法廷は、この「アメリカ在外公館襲撃事件」で悲劇的に命を落とした、4人の勇敢なアメリカ人に敬意を表するための、厳粛な黙祷で始められた。
 デジタル・ホワイトボードには、事件で犠牲になったクリス・スティ―ブンス大使、ジョージ・スミス情報管理官、CIA契約者であり元米軍ネイビーシールズのタイロン・ウッズ氏とグレン・ドハーティ氏の写真が大きく映し出されていた。ヒラリーはこの映像から目をそらせていた。
“「続くヒラリー裁判」奥之院通信 R3 7/23” の続きを読む

「ヒラリー・クリントンの軍事裁判」奥之院通信 R3 7/22

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-637.html

亭主のビル・クリントン(元大統領)は、殺人罪については、全てかみさんヒラリーのしたことであって、ビル本人はその周辺の作業をしただけだと言うことで、殺人罪による処刑は免れ、終身禁固刑で済んだ。上手く逃げられたわけで、ケンドール弁護士のお陰である。
“「ヒラリー・クリントンの軍事裁判」奥之院通信 R3 7/22” の続きを読む

2402「疫病を治めた空海」2021.7.23 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2021/07/24022021723.html

今回は「いっぷくからのありがとう」さんの2021年07月19日の記事を紹介します

「疫病を治めた空海」

今から1200年前にも、日本で疫病の大流行がありました。その時治めたのが空海です。

空海と言えば、亡くなる直前に弟子たちにこう言い残しています。

私は兜率天へのぼり、弥勒菩薩の御前に参るであろう。
“2402「疫病を治めた空海」2021.7.23 自分で自分を自分するから” の続きを読む

「死して内助の功」奥之院通信 R3 7/21

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-636.html

昨日に続いて、ビル・クリントン元アメリカ合衆国大統領

 6月22日、グアンタナモ収容所でビル・クリントン元大統領の2日目の軍事裁判が行われた。
 クリントンの弁護士ケンドールが、法廷に提出されたテープを真正な物であるかどうか確認したいというので、前回は一旦法廷は終了し、今回二回目の裁判となった。
“「死して内助の功」奥之院通信 R3 7/21” の続きを読む

2400「悲しみの底で見つけた真実」2021.7.21 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2021/07/24002021721.html

今回は「いっぷくからのありがとう」さんの2021年07月16日の記事を紹介します。

[悲しみの底で見つけた真実]

東京家庭教育研究所を創設した小林謙策氏(故人)という方の手記があります。

小林さんが、家庭における子どもの教育がいかに大切かを、身にしみて感じたのは

昭和30年6月ただ一人の娘に突然、自殺された時からだそうです。
“2400「悲しみの底で見つけた真実」2021.7.21 自分で自分を自分するから” の続きを読む