バイオペーストの驚き

正月明け テネモスミーティングのご案内を差し上げた伊路波いちばの会員Hさんからメールをいただきました。

「ところで 歯みがき粉を知り合いにプレゼントしたのです。その報告があります。1~2週間使っていたら、十数年も痺れていた舌の痺れが薄れて味覚が戻ってきたようだとの事で驚いて連絡くれました。何をやっても治らず医者にも理由がわからないと言われてあきらめていたそうです。また経過をお知らせしますとのことでしたが、嬉しくてお知らせしなければと思っていました。ちょうどいまミーティングのお知らせいただきましたので、ついでに書いてみました。」

舌下からの脳や心臓への影響は大きいんだなあと改めて感じました。またお力になれてとても嬉しくありがたく思います。

バイオペーストQ&A

Q. 使用料の目安を教えてください。

A. しっかりと磨く場合は、歯ブラシの毛先の長さに対し、半分から3分の1程度です。
通常の歯磨きでは、米2~3粒程度で大丈夫です。
『バイオペースト』は、一般の歯磨き剤とくらべ、少量でも高い洗浄作用があります。

“バイオペーストの驚き” の続きを読む

バイオペーストのご報告 C.H.さま

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い申し上げます

1月20日は、またしても伺えず残念ですがま行けるときに行きます。ところで 歯みがき粉を知り合いにプレゼントしたのです。その報告があります。

1~2週間使っていたら、十数年も痺れていた舌の痺れが薄れて味覚が戻ってきたようだとの事で驚いて連絡くれました。

何をやっても治らず医者にも理由がわからないと言われてあきらめていたそうです。また経過をお知らせしますとのことでしたが、嬉しくて山田さんにお知らせしなければと思っていました。ちょうどいまミーティングのお知らせいただきましたのでついでに書いてみました。

ありがとうございます。

バイオペーストに関する新しいご報告 2017冬

先日、オールの関根さまから、歯磨きのバイオペーストに関する新しい報告をいただきました。

アメリカにはじまった歯科の研究では、

「口腔内細菌が、全身の健康状態に大きく関係している」

ことが話題を呼んでおり、細菌が口腔内の血管から体内に入り込むことで、様々な生活習慣病の原因にもなっているとして、口腔内のケアが、とても重要だという認識が日本でも急速に広がってきています。

バイオペーストに限らず、口内ケアの重要性をご認識いただくことは、超高齢社会を迎えた日本にあって、たいへん意義のあることだとおもいます。

以下 関根さまより

以下、あらたな報告をさせていただくと同時にインフルエンザの季節になりましたので再び関連する報告をさせて頂きましたのでよろしくお願いいたします。

“バイオペーストに関する新しいご報告 2017冬” の続きを読む

バイオペーストで歯茎の痛みと腫れがとまりました。 愛知M.Y.様 女性

歯磨きをさぼっていて、奥歯の歯ぐきが2本しみてきました。

ふと思い出してバイオペーストで2日間続けてしっかり歯磨きしました。すると2日は歯茎が出血しましたが、痛みも腫れも治り、歯医者さんにいかずにすみました。

愛知 67歳 女性