「サラの死」奥之院通信 R3 7/16

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-631.html

旧約聖書創世記23章は、アブラハムの妻サラの死について、以下のように書いている。

 『サラ(アブラハムの妻)の生涯は127年であった。それがサラの一生であった。サラはカナンの地のキリアト・アバル、即ちヘブロンで死んだ。アブラハムはその死を悼み、泣き悔やみに来た。
 それから、アブラハムは死人のそばを離れ、ヘテの人々(ヒッタイト人)に言った。「私は他国人で通りがかりのものですが、死人を運んで葬れるように、墓にする土地を譲って下さい」と。
“「サラの死」奥之院通信 R3 7/16” の続きを読む

「竹瀝」(ちくれき)の凄さ 令和3年7月 熊ちゃん講演会から

愛媛の大洲市肱川町から熊ちゃんこと岩熊裕明さんが
おいでになり「炭が地球を救う」の出版記念講演会が
開催されました。

当初30名の参加者予想が大きく異なり、
参加者が60名近くとなったため3日と4日の
2日間にわたっての開催となりました。

場所は岐阜県揖斐郡の大和神社境内にある
レンタル民宿のような昭和なお宿です。
“「竹瀝」(ちくれき)の凄さ 令和3年7月 熊ちゃん講演会から” の続きを読む

再録 随想 伊路波村から50~人として生まれて

この数週間の間に、たくさんの方々から
私設飲み会のお声がかかりました。

久しぶりの方、近くの方、久しく断絶していた方、
学区の方などからです。

それで短期間にたくさんのアルコールをいただいたので、
肉体(心臓)が悲鳴を上げていました。
“再録 随想 伊路波村から50~人として生まれて” の続きを読む

2393「マシュー君”あること”」2021.7.15 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2021/07/23922021714.html

今回は2021年7月4日マシュー君のメッセージ(176)から2021年7月2日の記事を紹介します。

http://moritagen.blogspot.com/2021/07/blog-post.html

「”あること”、リアリティと幻想、信念、第3密度の信念、クローン、嘘のET侵略」  

マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちから、心からのご挨拶をします。

「どうして“ただあるだけで”闇を世界から無くす助けになるのか、どうかマシューに説明してもらってください」
“2393「マシュー君”あること”」2021.7.15 自分で自分を自分するから” の続きを読む

「人類滅亡の危機」奥之院通信 R3 7/15

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-630.html

ヨハネ黙示録の題名は「イエス・キリストの黙示」から取ったものであるという。原典のギリシャ語は「アポカリュプシス」で、「未来を開示し、この世の終わりの神の裁きを告知する」となる。しかも、彼は「私は見た」という。彼はキリストと同時代に生きた人物であり、人類が核戦争で滅んだといわれる時期からすれば、少なくとも1000年以上経っている。だから、彼が「私は見た」というのは幻想か何かで、神から見せられたという意味であろう。
“「人類滅亡の危機」奥之院通信 R3 7/15” の続きを読む

再録 随想 伊路波村から49~今

今、世界はさまざまに揺れているかのようです。

フィリピンを訪問されている天皇陛下と皇后陛下ですが、
出発前後の様子を語る新聞記事やフィリピンでの
歓迎のパティーでのアキノ大統領や陛下の御言葉に、
心がキュンとなったのは何故でしょうか。
“再録 随想 伊路波村から49~今” の続きを読む