奥の院通信から R4 5/17 「ウクライナ人の現地からの証言」

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-940.html

 日本のテレビなどほとんどのメディアでは、ウクライナのネオナチ組織アゾフ連隊を正義の味方のように扱っているが、事実が分かっていないにしても、意図的だとしても、これらメディアの「報じない自由」は、のちに大きな禍根を残すことになると思う。もうおよそ1ヶ月余り前の情報であるが参考のために書いておく。これが実態である可能性が高い。いま起こっているマリウポリ製鉄所のロシア軍による攻撃の前の時期である。

【証言A】
(2月のロシア軍侵攻時)サイレンを鳴らさなかったマリウポリ市長、8年間防空壕一つ用意しなかった市長。私たちの避難所は,塵のように崩壊していた。市長は何をしていた?彼は街を運命に任せ、私たちを見捨てたのです。1ヶ月間、食料も水も電気もガスもない。1ヶ月間パンもガスもないのよ。国中にこれを知らせて下さい(取材者に対して)。市長は民を見捨てた。
“奥の院通信から R4 5/17 「ウクライナ人の現地からの証言」” の続きを読む

2700「ありがとうと言うために生まれて来た」2022.5.17 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2022/05/27002022517.html

 今回は「いっぷくからのありがとう」さんの2022年05月10日の記事を紹介します。

「ありがとうと言うために生まれて来た」

日本語の「ありがとう」と言う言葉は、物凄い力を秘めています。

外国語にも翻訳すれば、同じ意味の言葉がありますが、

言霊としての「ありがとう」には遠く及ばないそうです。

この言葉があるために、日本に転生して来たいと希望する魂は

他の国を圧倒的に引き離し、行列待ちの状態だそうです。

今日の内容は、病気で、早くに亡くなったお子さんのお話です。
“2700「ありがとうと言うために生まれて来た」2022.5.17 自分で自分を自分するから” の続きを読む

致知出版社 一日一話 読めば心が熱くなる・・ 第二弾 19 「虐待を受けている少年の悲痛な叫び」

西舘 好子 NPO法人日本ららばい協会理事長

 僕の声を聞いて
「おかあさん ぶってもけってもかまわないから 僕を嫌いにならないで。
 おかあさん おねがいだから僕の目をちゃんと見て。
 おかあさん お前を生まなければよかったなんて言わないで僕はちゃんと生きているんだから。おかあさん やさしくなくてもいいから、僕を触って、おかあさん 赤ちゃんのとき抱いてくれたように抱いて。おかあさん 僕の話にうなづいてくれないかなあ。
 つらい、悲しい、もうダメ、お母さんの言葉ってそれしかないの。赤い爪魔女みたい。
 ゴム手袋のお台所、お部屋のあちこちにある化粧品、僕の家のお母さんのにおい、僕の入れない世界で満ちている。おかあさん お母さんのにおいが欲しい、優しい懐かしいにおいが。
 おかあさん お願いだから手をつなごう、僕より先に歩いて行かないで。おかあさん お願いだから一緒に歌おう、カラオケ屋じゃないよお家でだよ。おかあさん 500円玉おいてくれるより、おにぎり一個の方がうれしいのに。
 おかあさん 笑わなくなったね、僕一日何度おかあさんが笑うかノートにつけているの」

“致知出版社 一日一話 読めば心が熱くなる・・ 第二弾 19 「虐待を受けている少年の悲痛な叫び」” の続きを読む

奥の院通信から R4 5/16 「紛争は早くから準備された」

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-939.html

今回のウクライナ紛争で、アゾフスタル製鉄所にウクライナ軍のアゾフ連隊が、最後の砦として立て籠っていることをお伝えした。そして、それはその地下に隠された生物兵器研究所・製造所と、それを指揮しているカナダ軍のトレバー・カディエ司令官とその配下の兵士を守っていたのであることが判明した。彼は今モスクワに拘束され、これから裁判を受けることになる。

 彼からどれだけの情報を引き出せるかが問題であるが、その内容によっては、今回の紛争の実体が、相当程度判明するものと思われる。その内、どの程度をメディアが我々に伝えるか疑問であるが、少なくともロシア政府は真実の一端を解明することになる。
“奥の院通信から R4 5/16 「紛争は早くから準備された」” の続きを読む

2699「口から出る言葉と修行」2022.5.16 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2022/05/26992022516.html

今回は「いっぷくからのありがとう」さんの2022年05月09日の記事を紹介します。

「口から出る言葉と修行」

今日は久しぶりに斎藤一人さんのお話をご紹介します。

「悪口と修業」と言うことで、悪口や不平、文句が自分の人生にどう影響するか。

そんなお話です。

簡単なお話なのですが、シンプルであるがゆえに真理であり、そして、人がなかなかできないことです。

今日も一人さんらしく、優しく説明してくれています。
“2699「口から出る言葉と修行」2022.5.16 自分で自分を自分するから” の続きを読む