2592「意識の量子化妨害プログラム2」2022.1.29 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2022/01/25922022129.html

――「牡蠣の燻製オイル漬け」がですか?

そう。「牡蠣」とは「貝」であり、貝とは「固く閉じる」ことから、「無口」「黙る」「寡黙」という意味があります。英語でも「He is an oyster of a man」(彼は牡蠣みたいな寡黙な人だ)と使われます。この場合の「牡蠣」は「黙れ」ということを意味します。

つまり昨年のクリスマスあたりに岸田総理から安倍氏へ2つの「最後通牒」がなされたのだということ。ひとつは「年度末3月31日までにアベノマスクの在庫を廃棄処分する」そしてもうひとつは「牡蠣」の暗号「もう黙れ」です。

――だから「略して清和会」は慌てたのですね。

“2592「意識の量子化妨害プログラム2」2022.1.29 自分で自分を自分するから” の続きを読む

再録 奇跡の道 その61~夢に支配されて、あなたの目を閉じてはならない

「夢に支配されて、あなたの目を閉じてはならない」

え~~!!(笑)

目を閉じているときに見るのが
夢でしょう。!と言うお声が聞こえそうです。
その夢になんか、支配されるわけがない、と。

まず夢ってなんで見るのでしょうか。

これは現実での自我による知覚を通じて
眠った時(目を閉じたとき)に見る夢を、
真理の代替とするのには、この自我による
知覚の夢が最良の実例になりそうだからですね。
“再録 奇跡の道 その61~夢に支配されて、あなたの目を閉じてはならない” の続きを読む

再録 奇跡の道 その60~自我がなければすべてが愛になると保証する

「自我がなければすべてが愛になると保証する」

すべてが愛になった情景とは、というか
情景はないかも知れませんが、どんなでしょう。

三重の友人は若いころの何か月かに
そんな体験をなさった様子です。
すべてがきっと活き活きとして
みずみずしく匂い立つがごとく美しい
世界が広がっていたのでしょうか。

愛。

ですからきっと情景そのものが自分であって、
なにものとも分離していない感覚なのでしょうか。
そしてすべてのものが、自分こそ唯一の源であることを
教えてくれるのかもわかりません。
“再録 奇跡の道 その60~自我がなければすべてが愛になると保証する” の続きを読む

書籍  「ほんとうのこと」 89才のおじいちゃんが語る

今 伊路波村や伊路波いちばで「再録 奇跡の道」という
記事の連載をさせていただいてます。

何故今かというと、今したいからですね。(笑)

故小林正観さんは真理をジョークをまじえて
「損得」でお話されたのででしょうか、とても
聞く方々に共感され、またわかりやすくて人気でした。

そして斎藤一人さんもまたジョークをまじえて
結構「損得」で話されるので多くの人々を
引き寄せました。

その真理とは結局、人間は「思った通りになる」という
ことなんですね。
“書籍  「ほんとうのこと」 89才のおじいちゃんが語る” の続きを読む

奥の院通信 R3 1/28 「ある戦場での敗北」

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-830.html

極東での海上で、あるパイロットは戦死しかけた。機体は失われたが、パイロットは何とか脱出を果たせたからよかった。先日26日、ワクチン接種後のアメリカ海軍パイロットの事故のことである。パンデミックの最中、ワクチン接種したパイロットに起きた異変についての情報である。
“奥の院通信 R3 1/28 「ある戦場での敗北」” の続きを読む

2591「意識の量子化妨害プログラム1」2022.1.28 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2022/01/25912022128.html

今回は「宇宙の中心で愛を叫ぶ」さんの2022年1月25日「意識の量子化妨害プログラム」の記事を2回に分けて紹介します。

https://ameblo.jp/riyanmichaki/

「意識の量子化妨害プログラム」

みなさん、こんにちは。澤野大樹氏青森講演会主催小野裕美子です。

新年が始まって早々、世の中はますます混迷を極めています。

ブログインタビューも間が空きましたが、これも、有難き『塞翁が馬』であり、このような世相の背景には、見紛うことなき完璧なヤハウェシステムが稼働していると、そう身をもって実感した次第です。
“2591「意識の量子化妨害プログラム1」2022.1.28 自分で自分を自分するから” の続きを読む