「天長節」 奥の院通信 R3 2/23

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-485.html

今日は第126代今上陛下の誕生日、天長節である。初代神武天皇から数えて126代、初代神武天皇が即位されてから2681年である。従って、日本国は建国して2681年ということになり、日本国の年齢は2681歳(皇紀2681年)である。その間、神武天皇から今上陛下まで万世1系で繋がっている。もちろん世界で最も古い王朝であり、王国である。皇祖天照大神から数えると78世(世系78)であり、今上陛下は天照大神78世ということになる。

 現在の奥の院の祖であり、ユダヤ民族の祖アブラハムがシュメール王国の首都ウルで誕生し、神の啓示を受けてカナンの地(パレスティナ)に移住してからおよそ4千年である。彼らの祖アブラハムからのち、ダビデやソロモンなどの多くの王が誕生しているが、それが万世一系であるかどうかは不明である。彼らはイスラエル王国を建国したが、その後南北に分裂し、そのうちの北王国は更にアッシリアに滅ぼされ、南王国はバビロニアに滅ぼされ、イスラエル王国はここで消滅した。南王国は別名ユダ王国といい、ユダ王国の民がユダヤ人である。それまでは彼らはヘブライ人と言っていた。従って、ユダヤ人はヘブライ人の一部の人たちである。

“「天長節」 奥の院通信 R3 2/23” の続きを読む

「ダブルの損」 自分で自分を自分する 2/23

http://tenmei999.blogspot.com/2021/02/22522021223.html

今回は「いっぷくからありがとう」さんの2021年02月19日の記事を紹介します。

ダブルの損

自分の心が、少しづつピュアになってくるとそれに伴い、自分の周りの景色も少しづつ変わってきます。

・付き合う友人、職場の人、出会う人がみんな優しい

・いろいろなタイミングがベストな関係でマッチしてくる

・必要な時に、必要な人に出会う

心とはそれほどに重要です。

もともと私たちは生まれて来たときはピュアな心(魂)でした。まさに神様から頂いた神聖な火花のままです。ですが、成長するにつれ、様々な経験を経て色んな我欲にまみれ、心を曇らしてしまうことが多くあります。

それも、心を輝かせるための 研ぎ石の役割を果たしてくれるのですが、気づいたときには心の穢れを祓い、元の清浄な心に戻さなくてはなりません。

泥の中に置いて、綺麗な花を咲かせるのは至難の業ですが、神様は、私たちにぴったりの環境の中に、私たちを置いてくださっています。その中で、自分なりの花を咲かせる・・

私たちは天国から地上に降りてくる時にみんな、そう神様と約束して生まれて来ました。

今日は「置かれた場所で咲きなさい」の著書で有名な元ノートルダム清心女子大学の学長、渡辺和子さんのお話をご紹介します。

是非、心にとめて実践なさってみてください。きっとお幸せになれますから。
“「ダブルの損」 自分で自分を自分する 2/23” の続きを読む

神の使者から奇跡の道へ その77~人はその心に・・

「人はその心に思うごとく知覚する。
だから世界を変えようとするのはやめなさい。
そうではなく、世界についてのあなたの心を
変えることを選びなさい」

世の中は見えているとしたら、その見えている現象は
人の考え通りと言うことでしょうか。
だったら人はさまざまな思いで生かされているので、
一つの世界だと思われる世界は、人の数だけ
あると言うことですね。

人は思いがさまざまだからですね。

同じような思いの方々は、同じように世界を
見ていることになりますね。

もし自分の気に向かない世界だとしても
それは実はその人の意識の反映だということ。
ちょっと厳しいですね。

ですから気になる、とてもいやな世界を見ているのなら、
どんな思いがその世界を現わしているのだろうと、
自問自答すればきっと世界は瞬時に変化するのでしょうね。

ほんとかな。?(笑)

そしてその世界に喜びを与えるのはあなたの中にある。
一人の中の光は、すべての者の中のその光を
目覚めさせることができるのでしょうか。

ただただ罪の世界(分離の世界)を聖霊が見ている世界
(元一つの世界)へと喜んで交換しようとする
気持ちがあるかどうかだけのようです。

決意だけでしょうか。

「人はその心に思うごとく知覚する。
だから世界を変えようとするのはやめなさい。
そうではなく、世界についてのあなたの心を
変えることを選びなさい」

「共産主義と貧富の差」奥の院通信 2/22

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-484.html

 共産主義の原則は、富の配分を均一にし、貧富の差がない社会を目指すことである。よく「働かざる者食うべからず」と言ったものである。非常に分かりやすく、この共産主義は一挙に人気を博したのであった。猫も杓子も共産主義を礼賛した。しかし、これは奥の院がこしらえた原則であり、ユダヤ人(奥の院)が非ユダヤ人に植え付け洗脳した原則であった。実際はこの原則は非ユダヤ人の富豪を潰し、中産階級をなくすためのものであった。非ユダヤ系の大富豪は徹底的に攻撃し、中産階級は無産階級に落としていった。

 中華人民共和国(中共)は1949年建国と同時に、全国の人民の財産をことごとく取り上げて共産党のものとした。人民の財産はことごとく党の所有とした。人民は一挙に無産化し、共産党員以外は奴隷と化した。もちろん、抵抗は大きく、その抵抗を抑えるために大虐殺が行われた。今では全国の土地や財産はことごとく党のものである。従って土地の売買は出来ず、使用権の売買のみが行われる。売り代金は党のものとなる。しかも、そこでは党への裏金が動き、一部は党幹部の懐に入る。ここに党幹部の富豪が生まれる原因があった。

“「共産主義と貧富の差」奥の院通信 2/22” の続きを読む

「トランプは先の先を考えて動く。人類の歴史がひっくり返った」 副島隆彦さん

http://www.snsi.jp/tops/kouhou/2216

上記のサイトからですと、画像も見れます。 Y

[2941]トランプは先の先を考えて動く。人類の歴史がひっくり返った。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2021-01-31 22:13:43

副島隆彦です。今日は、2021年1月31日(日)です。

 私の最新の考えを書く。

 トランプは、軽々(けいけい)には動かない。これからの戦略をじっくりと練(ね)っている。トランプは、今も実質的には、アメリカ合衆国の大統領である。
 1月20日の、大統領就任式を、テレビの画面で見て、おかしな光景が連続したことで、「あれは、真実の映像ではない。ほとんどが、ヴャーチャルの、ホログラムの映像だ」と、私たちは気づいた。ジョー・バイデンには、アメリカ国民の何の支持も信頼もない。バイデンは、ディープ・ステイト(陰に隠れた政府)が操(あやつ)っている、 “空虚な”大統領だ。

 1月20日に、トランプ夫妻は、ホワイトハウスを出て、フロリダ州のマール・ア・ラーゴの、自己所有する、会員制のホテル式の邸宅に落ち着いた。翌日には、さっさとゴルフをしに行った。ここも自分が所有するカントリークラブだ。こういう時こそ、体を鍛えて健康を維持することが、なによりも大事だ。

 私たち、日本のトランプ支持勢力も、今は、ゆっくりとした気持ちになって、自分の生活を重視して態勢を整えるべきだ。 闘いは、これからもずっと続くのだ。総司令官のトランプが、これだけの余裕を持っているのだから、私たちも、それに従おう。

 トランプは、先の先を見て動く。これから書くことは、私が1月20日の午前2時に、ここの重掲(おもけい)に書いたことの延長である。
“「トランプは先の先を考えて動く。人類の歴史がひっくり返った」 副島隆彦さん” の続きを読む

「許しと幸せ」 自分で自分を自分する R3 2/21

http://tenmei999.blogspot.com/2021/02/22492021221.html

 今回は「いっぷくからありがとう」さんの2021年02月15日の記事「許し」と2021年02月16日の「当たり前の中の幸せ」の2つを紹介します。

許し

もしかしたら、子供や家族、会社の同僚、友人の誰かを「許せない」と思ったりしていませんか?

自分の思い通り(期待していた通り)に、動いてくれないとか、自分の価値観だけで判断し、相手の言動を許せず、憎んだり不平を言ったり、イライラしていませんか?

でも、でもその人も、彼女なりに・・・一生懸命に、生きているのではないですか?

私達の見えないところにご家族もいて歯を食いしばって、一生懸命に生きている人ではないですか?

今日のテーマは「許し」です。許すこと

人は

・許されること、

・そして信頼されること

そのことで、どんなに心が救われることでしょう。許してくれた人から受け取った大きな愛を、また周りの人々にどんどん広めていくことができるでしょう。
“「許しと幸せ」 自分で自分を自分する R3 2/21” の続きを読む

神の使者から奇跡の道へ その76~あなたの兄弟を罪なき者と・・

「あなたの兄弟を罪なき者と見ながら、
彼を肉体として見ることは不可能」

逆に言えば罪のない肉体を見ることも不可能ですね。
肉体と言えば、罪そのものですから。
分離しているもの、そしてないもの。

そして肉体って、関りを通して権力を求めるために
自我が選択した武器そのものですね。
ですから兄弟を肉体として見ている者は、
彼に裁きを下したのであり、彼を見ていない。

どうすれば兄弟を肉体なしで見ることができるだろうと
質問してはならず、私は彼を本当に罪なき者と
見たいのだろうかとだけ問えばいいようです。
そしてその時忘れてはならないことは、彼の無罪が
あなた自身の恐れからの脱出だと言うことのようです。

救済が神の声である聖霊のゴールで、その手段は心眼。

「あなたの兄弟を罪なき者と見ながら、
彼を肉体として見ることは不可能」