随想 伊路波村から~思い出はじめ~

自分の人生を幼少期から現在まで書き留めさせて
いただいた「ある道のり」でした。

最も近い家族、仕事を通じた体験。
そして自分という性向をもちながら、
人生がどのように展開していったのかを
書かせていただいて、はやくもなつかしい思い出と
なりました。

東京の友人からメールがありました。

「別な角度から見た、もうひとつの人生を
書かれたら」 との示唆でした。

自分から見た人生が「ある道のり」でした。

たしかに、身近な出来事を自分はどのように
判断し行動したのか。
さらに自分の心に正直にまっすぐ進んだ結果、
今どこに至ったのか。

今が一番幸せと言えます。

人生の数々の体験や、魂を震わすお出会いに
頭を垂れてひれ伏したく存じています。

お人とのご縁。
そこから生じる体験。
そしてふと行動した結果の出来事。

そのことを書き留めさせていただいて
その言葉によって、もう一つの別な角度から
見た人生を自分も感じてみたい。
そのように肩を押された感があります。

第二部は「随想 伊路波村から」です。

2004年10月26日から書き留めた「つぶやき」「ふしぎ」「なんでも」
の三つのジャンルから抜粋させていただきます。

おつきあいに感謝申し上げます。

第一回 「縁 親鸞天の巻地の巻 吉川英治 著」 20041026

人の縁ほど不可思議なものはありません。
この世に生を受けて五十六年。

出逢った人、別れた人。
たくさんの人に影響を受けて生を活かせて頂きました。
そして現在の己があります。
言いかえれば、今の自分はすべて他人の固まりのようなもの。
初めての出逢いからどのように関わりが拡がるかは
すべて自分次第でしょうか。

初めてこの世でお逢いする方にハガキを書き始めて11年位になります。
それは、ある小節の一説との出逢いがきっかけでした。
故 吉川英治氏著「親鸞 天の巻、地の巻」。
ぼろぼろになった本でした。
聞けば、妻の祖父母が愛読した本とか。
何気なく読み続けているうち、ある一章節に《慟哭》を
余儀なくされました。
「ああ、この感動を初めてお逢いした方々にお伝えしたい」
その一心でお葉書を書かせて頂いています。

御本の一節の文章は、若き日の親鸞(幼名を範宴)が
法隆寺での修行を終えての帰途、伴の者と吉野川の
橋のたもとにさしかかった時の様子から始まります。。

橋を見れば若い女性がまさに今、川に飛び込みそう。
伴の者に指示し女性を押しとどめます。
そして何故にと問います。

女性は「自分の主人が毎日のように女郎屋へ出かけます。
もう悲しくて死んでしまいたい。」と嘆くのです。

家に行って、ご主人に理由を聴こうではないかと、
三人は女性の家に行きます。

戻ってきたご主人に女郎屋に毎日のように出かける
理由を聴きます。

ご主人は答えます。

「小さい頃に別れた妹が今女郎屋にいるのです。
自分が行くことで少しでもお客を取らずにすむのならと
出かけていくのです。」

奥さんは泣いて納得します。

親鸞は何事もよく話し合うことが大切と、二人に
諭します。

親鸞たちを見送りに若夫婦は再び吉野川の橋の
たもとに差し掛かります。

その時に親鸞が語った言葉です。

別れ際に範宴は、悠久と流れている大河の姿を
指さして、若い男女に言った。

「・・・・天地の創造された初めから、水は、天地の終わるまで、
無窮の相(すがた)をもって流れています。

われわれ人間とてもその通り。
人類生じて以来何万年、またこの後人類が終わるまで
何億万年かわからぬ。

その無窮にして無限の時の流れから見ると、
人の一生などは、電光(いなずま)のような瞬間です。

その瞬間に、かうして、同じ時代に生まれ合ったと
いふだけでも実に奇しき縁(えにし)と申さねばならぬ。

いはんや、同じ国土に生まれ、同じ日の下(もと)に
知る辺(しるべ)となり、友となり、親となり、子となり、又
夫婦となるといふ事は、よくよく深い宿命です。・・・・

だのに、そのまたと去っては会い難い機縁の者どうしが、
憎み合い、呪いあい、罵り合う(ののしりあう)などといふ
ことは、余りにも口惜しいことではないか。・・・・・

見るがよい、こう話している間も、水は無窮に流れて、
流れた水は、再びこの宇治の山河に会いはしない。・・・・」

生き方を大きく変化させてくれた一冊の本。

生涯を終えるまでに、あと幾人の方にお逢いできるのでしょうか。

人間の一生は、まばたきの一瞬のようなもの。
だからこそ、逢う人も又逢う人も大切な方です。

出逢いは偶然ではない。
ましてや、共に暮す家族。
共に働く同志。
そして楽しく語らう友人。
仕事を通じての人々。
同じ地域に暮らす方達。
全てがとてもご縁の深い存在です。

己の人生で最高に感動を与えられた本を
紹介させていただきます。
 

 

ある道のり 「奇跡講座 入門編」 ケネスワプニック 著 より

講座といっても自主学習です。

1 世界を変えようとするのはやめなさい。  そうではなくて、
  世界についてのあなたの心を変えることを選びなさい。

2 私が正しい心の状態にあれば、私はあなたの攻撃を、助けを求める
  呼びかけとして捉え、それが攻撃だとはまったく思いません。

3 世界中のあらゆる人やものについて、下せる判断は二つしかない。
  それは愛の表現か、愛を求めるよびかけです。
“ある道のり 「奇跡講座 入門編」 ケネスワプニック 著 より” の続きを読む

ある道のり 「神の使者から」

神の・・・シリーズは、イエス様の教えを説いた
異端といわれるトマス派の言い伝えです。
イエス様の真理の言葉を伝えているのかもわかりません。

どことなく飯島さんの言葉と似通っています。

ちなみに山田はどこにも属しません。

「すべて」に属しています。

「神の使者」 ゲイリー・R・レナード著  からの抜粋

1 聖霊の最高のツールの一つは「笑い」、深刻に受け止めると
  世界に取り込まれる。

2 意欲を感じるのは、死を恐れているから。

3 何かに深い欲求を感じたなら、それは自分を体だと思っている。
“ある道のり 「神の使者から」” の続きを読む

ある道のり~三つの言葉~

これまでの人生において、心にしみこむ言葉があります。

それはとてもシンプルです。

この言葉を常に意識して生きていこうと思っています。

1.複写はがきのはがき道の坂田道信先生は講演会では
 机の上に正座なさってお話しを始めます。
 聴衆は度胆を抜かれドット来ます。
 そして笑顔になります。

 開口一番

  「人生とは心をきれいにすることです」 

 と言われます。
 できていないわたくしたちは、涙を流すのです。

2.森信三先生は坂田先生の師にあたる方です。
 長い間この森先生のご著書「修身教授録」を教本に
 早朝の読書会を開催させていただいております。
 続かせていただける間は、継続を希望しています。

 その森先生には有名な言葉があります。

  「人生二度なし」
 
 ごく当たり前なお言葉ですが。
 今の年代になりますと、ますますこの言葉が重く感じます。
 体を与えられてこの世に現れ、寿命まで本当に自分の
 したいことをなしたのか、常に問いながら後生を生かせて
 いただきたいものと念願しています。

3.今生でのご縁で最も深いご縁となった飯島秀行さん。
 飯島さんはおっしゃいました。
 現象には「たったひとつの真理」しかないと。
 そして人間はなぜ生かされるのか、人間の生の目的とは
 何かの問いに、こう答えました。

  「人生の目的とは、分離感をなくすこと」

 以上の三つの言葉を胸に刻み、残りの人生を歩ませていただきます。

 お三方の尊い言葉に、深甚なる敬意を捧げます。

ある道のり~あとがきにかえて~

ここまでお付き合いくださった
今生でのご縁のあるすべての皆様に深甚なる感謝の意を
表します。

みなさんの人生は、ご縁ができましたらすべてこちらの人生でもあります。
耐えることができないような大変な出来事も、
怒らざるを得ないはらわたが煮えるような思いも、
そして深い深い悲しみも、
すべては与えられた尊い教えかもわかりません。
“ある道のり~あとがきにかえて~” の続きを読む

ある道のり~いのちの実相 16 真理への道 2~

「奇跡の道」の自己学習ではとてもシンプルなことを言っています。
「あらゆる人を赦すこと。
そして否定的想念を持ってしまった自分をも同時に赦すこと。
さらにそのことをなかったこととすること。」

娘は学習する同志として両親を選びました。
私は娘を同じように選びました。
赦すことを学ぶためです。
“ある道のり~いのちの実相 16 真理への道 2~” の続きを読む

ある道のり~いのちの実相 15 真理への道 1~

「奇跡の道」の自己学習へと導いたのは
友人からの発信による「神の使者」という本でした。

神の・・・という本は多く、過去幾冊も読みました。
またそのような本かなと思い読み進みましたが、
そこには思いもよらぬことが書いてあったのです。
“ある道のり~いのちの実相 15 真理への道 1~” の続きを読む

ある道のり~いのちの実相 14 別れと出会い~

「レベル4です。余命3ヶ月です。化学療法が必要です。」
医師の方の決まり文句がありました。

もちろん抗がん剤治療をお断りし、なんとか自然療法で治癒できないかと
思い、さまざまな情報を集めました。

とりあえず、がんの摘出手術は生命に関わるほどだったので
していただくことにしました。
暮れの12月になっていました。
“ある道のり~いのちの実相 14 別れと出会い~” の続きを読む