随想 伊路波村から~見ていない

何気なくすれ違う人の顔など、
おそらく誰も覚えていないのだろう。

でもその時はなんとなく気になって確かに見ているはずなのに。

宿泊したかんぽの宿で、朝早くに
一階のお風呂に行った。

ノレンをくぐりスリッパを脱ごうとして、
なにげなく右側を見ると,お風呂から出てきた
人がいた。乱視に遠視なのではっきりしないが、
ハットした。もしかして女のひと。?!

知らん顔して、結構急いで(笑)入り口に逆戻り。
ノレンを振り返り見れば、赤。

朝は男女入れ替わります、という案内がお風呂に
あったねえ、昨夜。(爆)

結構世の中を見ずに歩いている事って多い。
何かの思いにふけったり、完全に思い込みの中で
行動していると、赤が見えないのだ。

以前、日帰り入浴の温泉に出かけて、
お風呂からあがると、息子のパンツと自動車のキーがなくなっていた。

すぐにキーはみつかったけれど、パンツは見つからなかった。

ちょっととぼけたおじいちゃんは、おばあちゃんと
旅したホテルの浴場で他人のパンツと浴衣を着て、
その持ち主に返してくれと言われたとか。(笑)
あたりまえでしょう。

自分がどこへ脱いだのかわからなくなってしまったようだ。
とぼけた風呂騒動の親子三代話。(笑)

それでも見る気でみた夜の星。
もう明け方に近い頃に輝く北斗七星。
明るい名古屋の夜では星はもう見えない。
星を見れた恵那の夜。

そのことは忘れない。