「祈りの手」 自分で自分を自分する から

2224「祈りの手」2021.1.26
今回は「いっぷくからありがとう」さんの2021年01月24日の記事を紹介します。

祈りの手

今日は「祈りの手」。年に1回はご紹介している記事です。

人間の美しい心に関する記事です。私たちの心こそが、私たちの現実を作るからです。 そして私たちは、その心にダイナミックな美しい体験を刻み込むために地球に生まれました。

その経験は

・楽しい

・安楽で

・甘美なもの

だけではありません。

むしろ

・苦しく

・悲しく

・悔し涙を流すこと

・困難なこと

そんな中でこそ、つかみ取ることのできる大きな大きな 魂の経験もあります。

“「祈りの手」 自分で自分を自分する から” の続きを読む

神の使者から奇跡の道へ その54~肉体は自我の象徴であり、自我は・・・

「肉体は自我の象徴であり、
自我は分離の象徴である」

今朝届いていたメールがあります。
奈良の「真の教育のための学校」の主宰者である
Tさんからです。

昨年暮れからの気づきというか覚醒の体験の
お話でした。
毎日毎日というか、毎瞬毎瞬が瞑想のような
ときを過ごす方です。

実相への感覚の体験を、言葉ではきっと表現が
困難でしょうけれど、言葉での表現を
されていました。
“神の使者から奇跡の道へ その54~肉体は自我の象徴であり、自我は・・・” の続きを読む

眼精疲労のこと

お客様からご質問があったり、
お知り合いからも、最近眼精疲労が
凄くてというお話があったりしました。

生活や仕事の環境が変化して、
パソコンやスマホを見る機会が増大。
そのことで目が疲れたり、だんだん
見えづらくなったりしてきますね。

きょうのお客様へのお返事です。
“眼精疲労のこと” の続きを読む

テネモスミーティング名古屋 令和3年 1/16 ご報告 その3

Oさん(女性):皆さんにお会いしたくて来ました。
ブログでみて来たいと思って。

昨年はすごい年になって、自分の中から出た
凄いもの。どんなふうに生きていくのかを
思わせられていた。
自分がこうしたいと思うように、
深く深く思った年となりました。
今、作った唄を歌っていきたい。

3月13日(土)ICメイトでやります。
新曲の発表ができるように。

家に荒れた畑地がある。
どくだみがはえたりしている。
息子に言われた。
野菜ができたら素的。

釘本さん:埼玉のテネモスさんに花が花壇にいっぱい。
きれいだと思う人がいなくて「この世は鬼ばかりだな」と
飯島さん。自然に無関心、無関心だと鬼。?
木枯れは無関心。?
“テネモスミーティング名古屋 令和3年 1/16 ご報告 その3” の続きを読む

神の使者から奇跡の道へ その53~あなたには愛と恐れという二つの感情が・・

「あなたには愛と恐れという二つの感情があるだけ。
一方は不変だが永遠なるものから、永遠なるものへと
差し出されて、それは延長されていく。
与えられるたびに増加する。」

恐れから、他への攻撃が起こりますその攻撃によって
罪悪感が増長しますね。
その罪悪感とは一度もなかった分離への
確信に導こうとするもの。

かなり手ごわいですね。

分離していなければ、確実に永遠ですね。
分離していると思うので自然に裁いて攻撃する。

一つならば攻撃は不可能ですから。

差し出すものは愛だけとすると、
愛は永遠ですから、永遠から永遠へと
差し出されてどんどん延長していきますね。

さらにそれは与えられれば与えられるほど
増えていきます。

癒せば癒されるからです。

「あなたには愛と恐れという二つの感情があるだけ。
一方は不変だが永遠なるものから、永遠なるものへと
差し出されて、それは延長されていく。
与えられるたびに増加する。」

神の使者から奇跡の道へ その52~自我は、全世界を得て自分の魂を失う・・

「自我は、全世界を得て自分の魂を失う方法を
教えようとしている。聖霊が教えることは、あなたは
自分の魂を失うことはできないということ、そして
世界には得られるものは何もないということである」

まったく反対に思えてしまいますね。
その逆の考えがトリックみたいには
なかなか思えないですね。
“神の使者から奇跡の道へ その52~自我は、全世界を得て自分の魂を失う・・” の続きを読む