2年ぶりのテネモスミーティング 名古屋

およそ2年ぶりの名古屋でのテネモスミーティングでした。

飯島さんに愛知県西尾市でほぼ定期的に、ある会社での講和がありますので、名古屋にも翌日おいでいただき、再びミーティングの開催となりました。 “2年ぶりのテネモスミーティング 名古屋” の続きを読む

2年ぶりのテネモスミーティング 内容抜粋

「マラリアも変化しました。海外帰りの人に飲ませたら一日で快復です。肝硬変は癌より始末が悪いけれど、80%ダメな人がよくなっちゃってる。それで癌手術の執刀権威の人が、みんな引き上げてここにきて診療所まで作っちゃった。20年来の友人がすい臓がんで末期。痛くないのがいいって言うので、試してみたら今はタバコも酒もやってるよ。元気になっちゃって。暗示のようなもの。(笑)」

アグアの話でしょうか。

人体の70%を占める水は通常の水ではないので、アグアのような生体酵素で吸引力が増して、あかちゃんの羊水のような力をえるのでしょうか。2年ぶりのテネモスミーティング名古屋は力強いEさんの言葉に満たされました。

抜粋です。(個人的に気になったところで すみません)

意識は大気に属する
意識が呼吸する
自分の心がわかる人は一人もいない
今イメージしている自分は,真の自分ではない
心は憶念、真の世界は見えない
自然は永久性
原点とは真の自分、真の自分は結果として現われる

岩魚実験 その後8  2尾の生き残り

岩魚150115.jpg

生き残った2尾の岩魚のうち一尾は元気で光で照らすと、水面に上がってきてご挨拶します。手前側の下にいます。もう1尾は右下に見えます。尾の近くの背に少し白く見えるのが冷水病の菌かも。あんまり動きがなく、岩の下に隠れることが多いです。依然として、エサはほとんど食べていません。水は今までで一番輝いています。

53日目になりました。

伊路波いちばの移り変わり

平成27年も15日間が過ぎようとしています。阪神大震災の年から20年目を迎えました。その間この国は史上まれに見る大震災をもう一つ体験しました。そしてその震災は原子力発電所事故をも誘発しました。目が覚めるかのようなショッキングなニュースでした。伊路波いちばで環境事業部を2005年に始めてから丁度10年目に入りました。こんな記事もありました・・・。 “伊路波いちばの移り変わり” の続きを読む

岩魚実験 その後7

1月14日(水) 気温3度 水温6度

岩魚が 1尾 底でおなかを見せていました。(猫ちゃんのエサに)あとの1尾の尾ヒレ近くの背に冷水病なのか、白っぽい菌が拡大してました。もう1尾はゆったりとして元気です。(一番大きな岩魚)

現在生存2尾 52日目。

岩魚養殖の 朝明のYさんに昨日、電話しました。

「雪降ってますか。?」
「ここ2~3日は毎日雪ですよ。」
「岩魚が3尾になりましたが、まだ生きてます。」
「へ~~! そりゃ凄いね。変ですね・・・・。何か酸素なんか入れてますか。?」
「酸素というか、エアーポンプで空気を活性化して、水に振動圧をかけてますけど。」
「え~~?そんなことでね~~・・・。」

さすがに岩魚養殖のプロも驚いていました。雪がなくなったら、また岩魚を数尾いただきに行きます、とお伝えして電話を切りました。海老のいなくなった浴槽で再び岩魚実験です。次のときはエサのやりすぎに注意しなければと思います。人間も同じ。?(笑)