突然に繋がってきたこと 1

「天にありては白々の雪
中空にありては瑞雲の雲
地天にありては・・・・・」
水のことです。
水の三体。気体、液体、固体。

この現実の世界があるものとして考えますと、
すべては水といえます。
HとO、すなわち水(質量)と酸素(エネルギー)。
この世界は質量とエネルギーだと知花敏彦さんは
おっしゃいました。
その物質とエネルギーが一体となったのが現実世界。
「霊肉一体なぜ」
知花さんのこのテープを何度も聞きました。
“突然に繋がってきたこと 1” の続きを読む

突然に繋がってきたこと 2

この動画は「神経波磁力線」の画像です。
ゼムクリップが飛び上がるくらいの磁界が発生します。

おなかにあてますと人体の水分がこの磁界の影響で
水素結合を106度に広げようとする作用を受けます。
すると通常の結合104度に戻ろうとしてエネルギーを
吸引します。これがフリーエネルギーです。
作用反作用の法則です。

「突然に繋がってきたこと 1」を書かせていただいて
12日が過ぎました。

すぐに続けて書かせていただくつもりでしたが、
あることがあってから一週間ほど人体のことについて
猛烈に学びました。

他の方から聞いただけで鵜呑みにして、いいかげんなことは書けませんので、
昔からもっとも苦手だった生物をこの時期に学ぶことになりました。
このことの不思議を同時に思いました。
そしてもっとも身近な自分の肉体の機能についてのあらましを
知ることになりました。

その勉強のきっかけを与えてくれたのは友人のMさんでした。
10日ほど前にマラソンのトレーニング中に通りかかった
会社に立ち寄ってくださいました。
汗が吹き出ていましたので、水を勧めました。

「コップに半分くらいね。」

アスリートのMさんのスポーツ流儀なのでしょう。
そういうものなんだと思いながら、どうせだったら
アグアDをととっさに思い、コップに半分注ぎました。

「変なものじゃないから、ゆっくり味わいながらね」と言葉をそえました。
そのあと5分くらいよもやま話をしたあと、Mさんは
ランニングしながら家路を戻っていきました。

15分ぐらい後に会社に突然電話がありました。
電話を取り次ぐ間「何か事故でもあったのだろうかと?でした。」
電話での会話です。

「山善さんの会社出たあと、あのコンビニのあるところあるでしょ。
そこを曲がって、家のほうに戻ってきたんだわ。
それがね脈拍がずっと110のままなんだわ。
普通絶対ないんだわ。
休んでまた走り出すと、たいてい脈拍は150まですぐにあがって
その150を維持しながら走るんだけど、ちっとも脈拍が
あがらなくてめちゃくちゃ楽なんだわあ。
そう思っとったら7分くらいで急にえらなってきた。
それから3分くらいで家に着いたんだけど、150に
脈拍は戻ったんだけどね。
ちょっと今までの体験にないことなんで、山善さんに
報告!と思ってね・・・・。」
名古屋弁ですね。(笑)

飲んだ水がそんなに早く人体に影響を与えるんだろうか。
その疑問への確認が呼吸、血流、代謝、排泄、運動に関わる
肉体の仕組みへの学びの導火線となりました。

まず飲んだ水はどうなるかです。
30秒後血液に
1分後脳と生殖器に
10分後皮膚下に
10分~20分で内臓組織に達する。
そして今出る尿は1ヶ月前の水。

ちなみに便は24時間前のもの。
重水D2O(H2Oではありません)での実験で判明しています。
でも血液に入ってそんなに早く水は細胞に達するんだろうかは、また
疑問です。

体内のおよそ5リットルの血液の体内循環速度は
一周1分です。ものすごく速いです。
そして血液は、その半分のほとんど水である血漿を持っていますので、
飲んだ水の影響を大きく受けます。

さらに水はものすごく転写(コピー)されやすいものです。
そのようなことから飲んだアグアDの中性力が飲料後瞬時に
全血液や体液に影響を与え、細胞の代謝、細胞呼吸を活発に
したものと考えられます。

水は細胞膜を通過し細胞内に入ります。
細胞内では代謝を起こし熱エネルギーを作り、二酸化炭素や乳酸を出します。
そして細胞内が膨らんで細胞外に排泄物と水を出します。
その新陳代謝を一時的に活発にできたことで、
血流をあげる脈拍の上昇がなくても楽に走ることが
できたと考えられるのです。

「上手に水を取りながら、マラソンしたら記録がでるかもね。」で
今回の騒動は幕引きとなりました。

水がなぜ病気を癒すのか。

癒すことができるのなら、また水が病気の原因にもなるのだろうか。
意識が病気を作る原因と水はどんな関係なのだろうか。
胎児の肉体の95%が水。
新生児の90%
若者の70%
老齢者の肉体の50%が水。
ほんとうはすべてが水。

人体、地球、宇宙・・・・・・・・。

つぎつぎに疑問が解けていきます。     続きます。

突然に繋がってきたこと 3~ 始まりのできごと

12年前 吐血下血を経験しました。

医者があまり苦手なので、昔からの伝統的な
食事療法のみとしました。

あんなに吐血したのに、医者に行かないだんなさんを見て、
家内はきっと相当な頑固者と思ったことでしょう。
“突然に繋がってきたこと 3~ 始まりのできごと” の続きを読む

突然に繋がってきたこと 4~振動(バイブレーション)

今まで水が活性化することが、人体や植物や
動物に影響があって、病気が治ったり、植物の成長や
動物の成長にとても大きな意味があることを感じてきました。

水の結合状態のH-O-Hの水素Hの結合を切断すれば
水の集合体である「クラスター」を細かくし、活性化した水を
作ることができます。
“突然に繋がってきたこと 4~振動(バイブレーション)” の続きを読む

突然に繋がってきたこと 6~「出したものが返る」 終章

このシリーズを書いていた昨日、昨日の分が書き終わりを
迎える頃、パソコンの操作ミスで全部消えました。

すぐに「これは書いてはいけないんだ・・・。」と思いました。
それでも今朝からまた始めています。(笑)

意識が遠方に届くことを植物で実験したアメリカの研究者の話題が
IN DEEPにちょうど記載されていました。
“突然に繋がってきたこと 6~「出したものが返る」 終章” の続きを読む

突然に繋がってきたこと7~その後

「突然に繋がってきたこと」の中の12年前のの実験
反響が大きかったようです。

その中で、水道水の茶色い浮遊物は何でしょう?とよく聞かれます。
それで会社にあります直流電源装置で再実験しました。
36Vで0.03Aの電流が流れました。
ステンレスの板を電極に使っています。

水1.jpg

5時間電圧をかけました。
そのときの状態です。

水2.jpg
水3.jpg

この茶色いものです。
まず水の色が茶色いのは塩素と電極の鉄分が反応したものです。
茶色い浮遊物は実は水道水の中に含まれるミネラルです。
そのミネラル(無機物)が水酸化物となったものです。
ミネラルは水がおいしいと感じる成分ですから大丈夫です。
だからビデオ中でも飲みました。
水道の浄水場では工程に応じてさまざまな薬品が投入されます。
最後に次亜塩素酸が大量に投入されます。
塩素は殺菌に利用されます。
水道管をとおり蛇口に出るときには一定の量が含まれないと
水道水としての試験に通りません。
そのために塩素が水道管中の有機物と反応して
トリハロメタンが発生します。
とくに夏場がすごいです。
入浴中のシャワーなんかでもトリハロメタンは多くなります。
一番風呂が肌にピリピリするのは塩素の影響でしょうか。
ここで実験の虫がむくむくしてきました。
ありがとうシートを敷いたらどうだろう。?
長い時間やってみました。
同じく36Vの電圧で003Aの電流でした。

01b5b69139c1219861f6910aaed71e71f5e8f90d15.jpg

そして5時間後です。

01ce399a1a2b58739622bff2506051908b6979dca1.jpg
01415e2d66c3db5d623206f007197a83c4583a2616.jpg

やっぱりというか、驚くべきことというか、少し塩素と鉄分との
反応で黄色くなっただけで、黄色い浮遊物はありません。
「ありがとうございます」という言葉は人間が見なければ
言霊(ことだま)として作用しないかもしれませんが、
人間が見れば、無音で読んでしまいます。
言葉にエネルギーがあるのでしょうか。
無機物がイオン化して水酸化物として黄色い浮遊物が出ますが
それが現象として出ていないということは。?
イオン化は放出です。
放出でないとすれば、ありがとうございますの言葉は
水道水に吸引力(エネルギー)を与えている証明になります。
結果にまさる証明はありません。
また物質を中和力で中和するバンブーシステム(エアー振動)で
バケツいっぱいの水を一晩かけてみました。
そして朝から5時間同じように電圧を36Vかけました。
やはり003Aの電流でした。
結果は・・・・・

水6.jpg
水7.jpg

やっぱり水が少し黄色くなっただけで、茶色い水酸化物は
現れませんでした。
マナエアーの吸引力が水を活性化したようです。
よくエネルギーの高い水だからいいとかなんとか
いいますが、エネルギーが高い状態は維持できるものではないようです。
マナウオーターも水がいいとかということではなくて、
マナシステムがエネルギー吸引状態のシステムであり、
そのシステムをいただくということのようです。