自己という自分 他己という自分

自己と他己ってあります。
自己紹介とか他己紹介とか言って使います。

自己紹介は自分がみた自分。
他己紹介は他の方のことをどのように見ているかを語ります。
でも他己とは他の方を借りてその方をどのように見ているかを語る、結局自分のこと。

何をとっても自分しかありませんね。

黎明の時

写真はテネモスの横型風力発電機です。6枚羽根で一枚の羽根の幅の2/3のところで148度の角度で折り曲げてあります。正面から風を受けますと、羽根の2/3の広い部分と1/3の狭い部分の振動が異なって、その振動差を埋めるかのように広い方から狭い方へと羽は回転します。ほんのそよ風でも回転します。

気(エネルギー)が行いを促し、現実が変化してまいります。
変化した現実が新しい気(エネルギー)を生み出し、
動き続ける限りは気(エネルギー)を放出することが
止まることはありません。
エネルギーはもらうものではなくて出すもの。
自らの出した気(エネルギー)のとおりの現実世界が
目前に広がります。

言葉がなければ何も認識できず、
時間がなければ変化がわからず、
空間がなければ我と彼、あれとこれの区別ができず、
そして気(エネルギー)がなければ何も生まれてこない。
この世の仕組みは大元である中道のエネルギーが
根源であるようです。
そのことの証明はこの自然界のあらゆる現象が
見せています。

自然界がなければ大元がわからず、大元を知らねば
不自然に生かされていると言えます。
天も地も人もその三元の大元もすべてが共にあるという
認識が多くの人々の認識になるときが近づいていると感じられます。黎明の時でしょうか。

赦し

人生で絶対に許すことが出来ないとんでもないことを
受け容れて、そして相手を赦した人は、きっととんでもないことを
するような人と感じさせます。

そしてそれを実行し現実にした人は、きっともっととんでもないことに
出会うかもしれません。
それでもその人が再び赦すことができれば、もっととんでもないことを
成し遂げる人となるのかもわかりません。

思いも寄らないこと・・・・

思ったことが叶う、出したものが返る、引き寄せの法則、作用反作用の法則・・・。などなど意識は最大のエネルギーと知った。大地震。いつか起きると予測するから、もしかして「起きたらいやだな」って思うから起きない。では「思ってもみないこと」「青天の霹靂」って何であるんだろう。それは全過去、全未来の遠い意識が出した結果かも知れません。

意識は最大のエネルギー

もう10数年前になるのだろうか、みんなで自動車に分乗し
長野の上田にある水の会社を訪問した。
その時にまず社長さんはこうおっしゃった。
「意識は強い力があることの証明をしましょう。
誰かこの椅子に腰掛けてください。
腰掛けた方を四人の人差し指で持ち上げましょう。
出来ると確信してあげると持ち上がります。」

え~~~?とみんなが声を発する。
心は「???」だったのだろう。
どこかのマジシャンでもなく超能力者でもない
普通の私たちでそんなことが出来るのだろうかと
疑問符の心。

四人の人差し指を座っている人の両脇と両膝裏に入れて
一斉に持ち上げる。
だから座る人は男でなるべく軽そうな人がいいと誰もが声を発する。
その男性が決まり、座る。
そして男女四人の人差し指が両脇と両膝裏に入り。
心を確信に持っていき、心を合わせて「せいの~」で持ち上げる。

少しだが男性確かには浮いた。
勉強した物理学は吹っ飛んだ。

意識は最大のエネルギーの証明。

なせば成る。

テネモスミーティング名古屋 9月16日 ご報告 その3

Iさん:女性は男性より聴覚が先。男は聞き分けれない。速読や音楽療法で痴呆が止まる。介護施設などで和太鼓演奏すると、音の大小がお年寄りを元気付けた。やっている若い人も輝く。

Iさん:フリーエネルギー作りたい。新井宿に行ったりセミナーに出たりした。その場で何を学べるか。人との関係が何を自分にもたらすかをいつも考えていた。飯島さん、足立さん、シャウベルガーは天才。何故自分には湧いてこないんだろう。ハフエルの書、13章、今だ問われざる問い。 質問が間違っていたら解を得られないわけ。何かを得ようとしている問いかけは自分のフィルターにかかっているので脱けられず、原因をシフトしたらいい。場にいたら何ができるかを考えて貢献しなさいと書いてある。自分本位であった。問われざる問いが出来ているのがテネモスミーティング。少しずつ、何か出来ているためには何かを与えることか。なかなかできないですが。

Oさん:実験、二重にするといい。牛乳還元実験で大きいビンに小さいビンを入れるといい。車の修理をして塗装のにおいが車内に充満。ダッシュボードにピッコロで消える。あと扇風機の後ろにピッコロ。次の日に消えた。

扇風機の裏は吸引状態 目で見る法則

釘本さん:意識を鍛えると肉体が変化してくる。掃除のこと。御所野さんがテネモスに宿泊されて、整えて帰られたので御所野さんがそこにいた。いろんなやり方を道具を使って実践する。道具に使われない。アレンジすることが大切だということを忘れないようにする。どんどん進化していくことになる。動かないと入ってこない。今頃飯島さんのことがわかってきた。昔のコトバが今わかるようになっている。何が大切かわかるのはじっと見てきたから。意識を鍛えた人はわかってくる。自分が鍛えていくこと。聖者の言葉に共感できるようになる。自分より波動の高い人のことはわからないが鍛えていくとだんだんわかるようになってくる。コトバを聞いただけでその人の歩みがわかってくる。

宮崎駿 ハウルの動く城「私は掃除しかできない」掃除の大切さを宮崎さんは知っている。進撃の巨人は深い。皆に受け入れられるものは共通度が高い。意識を鍛えることは自分を知ること、神を知ること、法則を知ること。何故掃除が大切か。自然の法則。混沌を秩序立てることと同じ。掃除は法則そのものです。日常生活に法則を意識すること。

小一の時には木造校舎。雑巾がけ。東京の家も掃除をする、床つきがいい。木がいいと思う。焼き塩を工夫する。小さな容器だと吸引時間(燃えている時間)が長い。やっていていろいろ考えると応用が出来る。

自然界の死骸を見たことがない。(空に転換する)

御所野さん「幸せってなんだろうか」いちいち考える。考えると答えが返ってくる。問うと答えが返ってくる。一晩経てば出てくる。真っ白にすると答えが返る。「すべて知っていることを知っている」一体感。出した問いは自分が知っているはず。問いを投げたら問いが返ることを知っている。それが聖者。出したら実現することを知っている人が聖者です。「幸せってなんだろう」サンテクジュベリ 本当の贅沢は人間関係に恵まれること。人間関係に恵まれるように生きていこうと思っている。

発酵食品は結果。バンブーは発酵の道具、原因。

Yさん、好きなことやっている人は幸せ。応援したくなる。「僕たちは自分の役割が出来たとき幸せになる」動いたら入ってくる。肉体は道具。意識が本質。脳は電気反応。脳の癖が出来ているとなかなか変えられない。脳の仕組みを知ることが大切。自分を知ること。意識の動きを見ることが自分の癖を知ること。(人の話を聞いたとき)違和感があったらそれを直していくことに努める。それが中性になっていくということ。

「生まれてきた目的」小さいときに明確な目的があった。子供がかわいそうと小さなときに思った。「子供はみんなで育てるもの」と思っていた。子供がかわいそうでない世の中になったらいいと思ってきた。それで飯島さんに逢った。

結婚の意図はまったくなかった。人の意識をコントロールしている人が実際にいる。それでも「意識しているだけでもまし」と思う。意識していない人がエネルギーじゃじゃ漏れ。みんなで生きていこうとインターネットラジオで呼びかけています。「あたりまえの世界」ゆめの種放送局。

つらいことがあったら

つらいことが起きたら、何が原因なんだろうと考えます。
さらにつらいことが起きたら自分の何が変わってないんだろうと考えます。楽しいことよりもつらいことが先生です。

みんな自分の責任や、と考えたらもっともっと謙虚になれます。あれがあいつがと言ったとたんに暗闇になって光が見えません。こんなことを続けていったら、つらいことが少なくなってきます。

不思議。