スリランカ 3

「もしやあなたは」

版画家 齋藤吾郎さんの作品です。

左が愛知県東栄町の花祭りの榊鬼
右側がスリランカの古都キャンディーのペラヘラ祭の鬼です。

花祭りもペラヘラ祭も踊りや楽器で祝う民衆の祭りです。花祭りはもともとお釈迦さまの生誕を祝う祭りですが、東栄町のそれは神々を降ろし神々を祝い、神々が還るという祭りです。ペラヘラ祭りは今はお釈迦様の歯をメインにしていますが、もともとは神々を祝うまつりです。

スリランカは2500年の歴史を持ち、日本は皇紀2750年の歴史を持っています。ほぼ同じ長さです。スリランカは南方仏教の元の国です。世に言う小乗仏教の発信国なのです。

「天上天下唯我独尊」はすべての人は光り輝いている、尊い生命をいただいているとする、お釈迦様誕生の言葉です。小乗仏教はこの国から、ミャンマー、タイ、カンボジア、ラオスなどに広まっていきました。

お釈迦様が生存中に三度セイロン島(スリランカ)を訪問し、この地が仏教を永遠に守る地となることを予言しています。そのゆえにお釈迦様の死後多くの遺骨がスリランカにもたらされました。写真は前3世紀の仏塔ルワンワリサーヤ仏塔です。お釈迦様の左鎖骨が安置されています。もの凄い振動を感じさせています。

ルワンワリサーヤ仏塔.jpg

紀元前三世紀アショカ王の妹が、お釈迦様悟りの地の一本の菩提樹の枝をもたらし、その枝が見事に育ち仏塔のシンボルとなりました。多くの人たちが絶えず訪れ、民の寄進によって明かりはともり続けています。近くには前1世紀に建造されたこのような仏塔も残っています。これもすべて世界遺産です。

アヌーラダプラ仏塔.jpg

近代になってポルトガルに占領されるまで、この国には多くの王朝が生まれまた滅していきました。ですが、すべての王朝はお釈迦様の教えを守り、仏教を守るという歴史上のこの国の役割を忘れることなく、その王朝以前のすべての仏塔や遺跡を守りながらも、自身のものを近隣に建造していきました。ですからほとんどの遺跡や仏塔が破壊されずに残されたようです。

マディカさんは初めてお会いしてから一貫してその大らかな態度と、何事にも動じない動かない信念のようなものを感じさせていました。その理由がスリランカの歴史そのものにありました。バンダラナイケ空港に降り立ったとき、それまでの異国に感じた違和感が一切なく自然だったことに不思議な感慨を覚えました。そして堂々としたマディカさんが、いっぱい歩いているではありませんか。マディカさんはこの国そのものだったようです。

私たちの国、大和日本はどうでしょうか。

金魚もビックリ!

東京小平市のAさんから電話がありました。

息子さんが金魚の水替えのとき、水替えの量を間違えました。それでぶちのランチュウがひっくり返ってしまって虫の息。

アグアだ!ひらめいてとにかく5%くらいに薄めていたアグアの水溶液をコップに半分くらい入れてみたら、一日で快復しました。両方とも10年生きていて長寿でした。

隣の金魚はそのひっくり返ってしまったらんちゅうに、いつもいじめられていて、緑色の異物が発生していたものが、写真のように白く変色してきたとか。それよりもいつもいじめられていたその金魚が、ひっくり返ったらんちゅうを心配してかずっと寄り添っていた光景に感動されたようです。

生き物は正直っていうか自然なので反応が早く強いですね。生き物は1000倍くらいがよくて、一度水槽の水の一部を容器にすくってとってから、アグアを入れてかき混ぜ、それから戻してまたかき混ぜるようにすると効果をさらに発揮しますとお伝えしました。

追伸メールで「またシャンプーにアグアを入れて髪を洗ったら、髪の毛がしっとりとしてきました。毛染めとパーマで痛んでいたのですが嬉しいです。」とあったので、

「化学的なものに少し入れると自然なものに変化します。美容院の先生からも注文がありました。」とお答えしました。

アグアの輪がどんどんと広がっていて、ワクワクしています。

スリランカ 2

8年ぶりの海外旅行でワクワクしていたのですが、いつもの旅と同じように、行き先の情報を調べずにいました。行き先のことを調べて出かけますと、自分の仕入れた知識どおりの固定概念でその地を見てしまうからです。ただスリランカを感じるままに味わいたい、そう思いました。

ですが北海道より少し小さいスリランカには6箇所もの文化遺産と2箇所の自然遺産が世界遺産として存在することだけは知っていました。それからスリランカの意味は「光り輝く美しい島」だということも。そして70%が敬虔な仏教徒であることも。紛争は大多数を占めるシンハラ人とインドからのタミル人との戦いだったことも。

また政治的には20年以上も民族紛争が続き、それを収束させた大統領が長く勤めた後、この一月に民主的な大統領が新しく当選し任期の一期5年しかやらないことを宣言していました。世界遺産で一番有名な場所はシギリアロックです。

シギリヤロック.jpg

親殺しの王様が、報復を恐れてこのような高い山に王朝を作りました。けれども、長くはこの王朝は続かなかったようです。あとは石造のお釈迦様涅槃の石仏などがあります。

釈迦涅槃.jpg

マデュカさんや同行してくださったマデュカさんの友人スジットさんにさまざまなお話を伺いながら旅を続けました。一日目はとにかくコロンボから西へ60キロほど離れたアラッワ市の町外れにある山村の小高い山の上の水タンクに設置された風力発電機とソーラーパネルの作動状況を確認しに行きました。マデュカさんたちが去年の夏に設置し半年が経過していました。

その村の水源は個々の家に掘った井戸です。家々が離れているために、水道管を敷設するよりもコストがかからないので政府が個々の家に補助をして井戸を掘ってもらうのです。それでも水源が枯れたり、水を大量に必要とすることがおきたりする事態に備えて水タンクが山上に設置されています。水は1,5キロ離れた山の下からポンプで押し上げています。ここが水タンクの水源です。

風スリランカ3.jpg

ポンプアップ

風スリランカ4.jpg

そして山上の水タンクでの風力とパネルの設置状況ですがこれです。

1風スリランカ.jpg

風スリランカ2.jpg

タンクの中は行ったときは空で、急いで水をポンプアップしてくれました。空なので撮影できました。5センチほどの塩ビパイプにセラミックを詰めソーラパネルの交流二極と風力の交流二極を別々に振動圧の電源としていました。(少し見えにくいですが)

風スリランカ6.jpg

そして直流電源のソーラーを一旦12Vバッテリーに蓄電しコンバーター(直流を交流に変換)を通してセラミックに通電していたそのコンバーターのサインは緑ランプでバッテリーは健全であることを示していました。

風スリランカ5.jpg

一安心でした。水は常に外気圧よりも少し高い圧に保たれ、水もまた健全な吸引状態を確保できます。二日目以後スリランカの歴史と現状、何故東栄町とスリランカなのかの謎が次第に解けてきました。

アグアについて

スリランカのマデュカさんの部屋に3年間置いてある屋久島のアマナならぬ、新井宿の転写水はまったく藻もなく純透明なままでした。もちろんきちっと封はしてありました。吸引状態が継続しているのです。

今日は伊路波いちばに、名古屋のHさんからこんなメールが届いていました。

「 Ag・uA波動測定しましたが物凄く高いですLFTでは無限大でした測定不能よろしくお願いします」

アグアが半端ではない酵素水であることが機器でわかります。波動測定器はスジャータさんとか食品会社で商品開発に頻繁に使われている機器です。

それからアグアの使用法についてさまざまな質問がまいります。決して飲用ではないと謳ってはいますが、飲んで見える方もあります。通常の飲み物などに入れる場合は100倍くらいです。

飲用水に使用する場合にもっとも効果を発揮するのは重篤な場合、5%水を作っておき、飲用するときにさらに5%を加えるとギャップをつくるために、0に戻す力が働きやすいです。そのことが難しいようでしたら、はじめから10%水でもいいでしょうか。

ご参考になりましたら幸いです。

ところがどっこい

北九州の最上賢一という方が、「ナノ・バブル」なる魚の鮮度を保つ技術を開発されたということを父から教えてもらい、気になったのでネットで検索してみました。当初の開発によれば、100万分の1ミリの極微小の窒素の泡を冷たい塩水に溶け込ませたら、酸素が窒素と結びつくことにより、酸素自体を追い出すことが出来て(窒素酸化物が出来る)、無酸素状態になり、魚の酸化を防ぐことができたという。

これが「窒素ナノバブル」の技術説明。マグロの刺身が冷凍していないのに20日間も新鮮なままに美味しく食べられるという。ところがどっこい、おなじく最上さんが開発された「鮮度保つ君」という魚の鮮度維持装置においては、「窒素ナノバブル」ではなく「酸素ナノバブル」を使っているのです!

思わず、それって「酸化」の原因でないの?っていいたくなります。酸素ナノバブルを使った「鮮度保つ君」という機械で水を処理すると、処理前は溶存酸素6mg/リットルだったのが溶存酸素量が50mg/リットルと飛躍的に高い濃度に変化するようすが、動画に記録されています。

これは、飽和溶存酸素量をはるかに越えていて、常識的には死んだ魚の腐敗を促進するということになるのです。そうなると、単純に、「酸素」自体が腐敗の原因ではないということになる。吹き込む気体が「窒素」でなくとも「酸素」でも同じことが出来るのだから「ナノバブル」なら、だいたいオーケーなのでしょう。

  • 空気や水を微細化して圧を高めて周りとのギャップをつくると「放出サイクル」から、「吸引サイクル」になる。
  • 塩酸に曝気してやると、精妙になり触ってもやけどしない。
  • 「吸引サイクル」の水であれば、平地でも岩魚が70日間もエサを食べずに生きている。

テネモスで、なんども教わった言葉とも一致します。

ナノバブルとは、空気によって非常に精妙な状態に水を加工する技術でもあるのだから、鮮度を保つ=バイブレーションを精妙に高めるということにつながっていくのでしょうか。新しい科学がどんどん世の中に現れてきています。

参照: 「最上賢一/魚の鮮度を保つミクロの泡:ナノバブル」

さい診療所の斎真一先生

テネモスネットの敷地内にある「さい診療所」に斎真一先生という一風かわった先生がみえます。酸欠(エネルギー不足)から癌をはじめ、いろいろな病気になるという一貫した立場を表明してみえます。

この方には、昨年冬にテネモスを退職され、スリランカにお帰りになったマデュカさんのカレーを食べにいったときに一度お会いしたきりですが、診療所内の巨大な空気発酵器をみせていただき、めんくらったことを覚えています。 “さい診療所の斎真一先生” の続きを読む

空気活性機AirCube(エアキューブ)新発売!


あたらしく発売された空気活性機AirCube(エアキューブ)は、テネモス製の歴代の空気活性機とは仕組みがまったく異なります。歴代のAirDreamの時代は、エアーポンプを使っていました。空気を微細に加工する筒状のものにポンプによってエアーを吹き込み、内圧を高めてエネルギー補給し(発酵)、それを再び外界に拡散する仕組みでした。そのため、モーター音や振動音によるストレスが多少なりともあったものです。 “空気活性機AirCube(エアキューブ)新発売!” の続きを読む